fcb.portal.reset.password

David Villa durant el seu primer partit oficial amb l'Atlètic de Madrid / FOTO: www.clubatleticodemadrid.com

ダビッド・ビジャは、バルサ相手にいい成績を出すことが多い。FCバルセロナに移籍する前、14試合をバルサを相手に戦ったことのあるビジャは、7ゴール(そのうち、2回はPK)を決めており、彼の得点能力の高さを示している。統計データは、2試合に1ゴール、バルサを相手に収めていることを語っている。

今週の水曜日、ビジャは再び、元チームメートとビセンテ・カルデロンで対戦する。スペインスーパー杯の第一戦だが、アトレティコ・デ・マドリードのユニフォームを着て戦うことになる。これがビジャがアトレティコに移籍してから、初めての古巣との対戦となる。

5勝5分4敗

サラゴサとバレンシアCFがビジャがFCバルセロナと対戦した際に所属していたクラブチームだが、バルサは2003/04 から 2009/10年の間、ビジャを敵として14試合行なっており、その結果は5勝5分4敗だ。

但し、ビジャがバルサを相手にスーパー杯を戦うのは初めてだ。サラゴサとバレンシアでは、国王杯とリーグ戦のみでぶつかっている。

バルサへの初ゴールはサラゴサで

ビジャはレアル・サラゴサに 2003/04年、2004/2005年と所属したが、この2年の間に、バルサと5回対戦している。その成績の内訳は、2勝1分け1敗だ。

21歳の若さで、ビジャはサラゴサでバルサを相手に初ゴールをあげ、チームに勝利をもたらしている。2003年の国王杯第一レグだった。その翌年、再び、リーグ戦でもバルサを相手にゴールを決めたが、試合はバルサの勝利に終わった (4-1)。

バレンシアでゴール嗅覚を披露

ダビッド・ビジャ は、バレンシアで5シーズン(2005-2010) プレーし、9回、バルサと対戦している。成績の内訳は、3勝4分け2敗だ。

2005/06年、ビジャは、リーグ戦のバレンシア対バルサ戦で決定的な働きをした。ビジャは、フランク・ライハールトの率いるバルサに3ゴールをマークした。 前期の試合で2ゴールを決め
(2-2) 、後期のリーグ戦ではバレンシアに勝利弾を与えた (1-0)。

ダビッド・ビジャは、 06/07年のリーグ戦前期にも再び、ゴールをマークし、また、 07/08年の国王杯第一レグでも得点を決めた。その2ゴールはバルサからの黒星を避ける貴重なゴールとなった。両試合とも結果は、1-1のドローに終わった。

試合前に記者会見
ダビッド・ビジャは、今週の月曜日にメディアの前に姿を現し、古巣対決について話した。ビジャは「バルサにはとてもいい思い出があるし、多くの友達がいる。でも、明日はライバルになる」と話し、彼にとっては新しいシチュエーションではないと話した。「僕はこういったことに慣れていないわけじゃない。元チームメートや友達のいるクラブチームと対戦したことは何度もあるから」とコメントした。

ビジャ対バルサ

03/04年

リーグ (前期): FCB 3 - サラゴサ 0

カップ戦 (前期): FCB 0 - サラゴサ 1 (ビジャのゴール)

カップ戦 (後期): サラゴサ 1 - FCB 1

リーグ (後期): サラゴサ 2 - FCB 1

04/05

リーグ (前期): FCB 4 - サラゴサ 1 (ビジャのゴール)

05/06

リーグ (前期): FCB 2 - バレンシア 2 (ビジャの2ゴール)

リーグ (後期): バレンシア 1 - FCB 0 (ビジャのゴール)

06/07

リーグ (前期): FCB 1 - バレンシア 1 (ビジャのゴール)

リーグ (後期): バレンシア 2 - FCB 1

07/08

カップ戦 (前期): FCB 1 - バレンシア 1 (ビジャのゴール)

カップ戦 (後期): バレンシア 3 - FCB 2

リーグ (後期): FCB 6 - バレンシア 0

08/09

リーグ (前期): FCB 4 -バレンシア 0

リーグ (後期): バレンシア 2 - FCB 2

上に戻る