fcb.portal.reset.password

2004年、ベウなベウでのチャビのゴールを祝うチーム / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

リカルド・トルケマダ記者が ジェラルド・ピケの2-6を飾ったベルナベウでのゴールを選んだ後、ARA紙のトニ・パディージャ記者が新たなベルナベウゴールを選んだ。それは、 2003/04年、FCバルセロナの監督としてフランク・ライハールトが就任したシーズンに初めてベルナベウで勝利をあげた時のチャビ・エルナンデスのゴールだ。

2004年4月25日、チャビは、試合終了5分前に、試合を1-2にするゴールを決めた。ロナウディーニョの見事なアシストから生まれたそのゴールは、トニ・パディジャいわく、パンプローナでラウドルップとロマーリオが決めたゴールとの`類似点’が見られるという。

ベルナベウでの勝利が、FCバルセロナにとって、「その後、素晴らしいシーズンがくることになるだろうと信じ始める」きっかけとなったと同記者は、分析する。マドリードの前に勝利をあげたものの、この年、リーグ優勝を果たしたのは、バレンシアだった。

上に戻る