fcb.portal.reset.password

Neymar, celebrant el seu gol / FOTO: FIFA.COM

ワールドカップ開催国のブラジルは、韓国と対戦し、苦戦を強いられながらも、最終的に韓国を相手に試合を0-2で制した。バルサのプレーヤーであるネイマールJrとオスカルがソウルでの親善試合のゴールを決めた。

また、FCバルセロナの他の代表選手に関しては、アレクシスがチリ代表と共にコロンビアでドローを喫し(3-3)、2014年のワールドカップ出場を逃すことになった。アレクシス・サンチェスは、ハーフタイム前に、0-3にできるチャンスがあったが、ゴールを決めることはできなかった。その一方で、スペイン代表は、ベラルーシと対戦し、苦戦の末、勝利(2-1)を手にして、ワールドカップ予選を数字上で可能にした。試合は、チャビが先制点をあげ、後にネグレドが追加点をマークした。
試合は、バルデス、ピケ、ブスケッツ、チャビ、セスク、ペドロ とバルサからは6人の選手がスタメン出場し、後半83分にセスクに代わって、イニエスタが入り、全部で7人のバルサプレーヤーがスペイン代表のベラルーシ戦に参戦した。 

アレクシス、チャビ、ネイマールと3人で2ゴールをバルサの選手が決め、また、試合で決定的な働きをした。

韓国対ブラジル戦の試合ハイライト映像は、下記から。

上に戻る