fcb.portal.reset.password
アノエタでのイニエスタ

アノエタでのイニエスタFOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサがアノエタで自らの力で決勝を手にした。ことは、データからも明らかだ。バルサは準決勝第二レグで72%のポゼッションを手にし、パス回しにおいては正確さを期し、全体の 1.058 回中969 回 (91,5%)を成功させた。一方、ソシエダは362回中266 回の成功率(71,5%)だ。

中盤の ブスケッツ、チャビ、セスク、イニエスタ、ソング の出したパスは 518回中 490が成功し、その成功率は94,5%.だった。


マルティノがブスケッツ、チャビ、セスク、イニエスタ、メッシを一緒にスタメンに据えたのは、今季、2度目。もう1試合はリーグ戦のクラシコだった。


全体で、 バルサは 1.776 回パスを出し 37 回シュートを放った。ソシエダのパスは 423回、シュートは 8回。


 

ブスケッツとピケが、最も多くのボールを取り返した選手となった (11)。


メッシ は、2013/14年の国王杯で  5得点を決めて、最多得点王だ。


決勝進出したチーム、 バルサとレアルマドリードは、両者とも7勝1分けで来ている。


 バルサ-マドリード の決勝は、バルサ-アスレティック・クラブ と同じく、最も多い決勝での組み合わせだ (7 回)。

上に戻る
_satellite.pageBottom();