fcb.portal.reset.password
ヘタフェでの歓喜

ヘタフェでの歓喜 FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

クリスマスプレゼントはペドロだった。バルサの '7' 晩は、バルサのヘタフェでの反撃の主役となった。タタ・マルティノは首位を賭けて、主要な選手のかけた状況で難しい試合を戦わなければならなかった。マド リードのチームが前半早い時間に先制したことが、さらに状況を厳しくしたが、首位としての名誉をかけて、バルサは反撃した。この日、あまりにも偉大だった ペドロはハットトリックを決め、アシストをだし、さらにペナルティを生み出した。

14分には2-0

バルサは、試合の最初に大きな代償を払う寸前だった。もしも、ピケがモヤの前で得た最高のチャンスを生かしていたら、状況は変わっていただろう。だが、エスクデロが左からクロスシュートを決め、先制点をマークし、続けて14分にはリサンドロが試合を2-0にした。

目に見える向上

そ の結果、バルサはリスクを冒すことを余儀なくされた。対戦相手を前に、イニエスタがリーダーシップをとって、状況をコントロールし始め、ヘタフェの威力は 減少した。試合を再び、ひっくり返すのには幸運が必要だった。ペドロがゴールを決めたものの(18分)それは、オフサイドに判定され、その後、ハンドが あったが、ライバルのエリアでのファウルに笛が吹かれることはなかった。カウンターに苦しみながらも、バルサは状況を少しずつ、変えていった。ジョル ディ・アルバが左から広くピッチを使って攻めているのが、その証拠だった。

9分間にペドロが三つのプレゼント

35 分から44分の間は、ペドロのリサイタルだった。まず、セスクのアシストからゴールを決めた。バルサが再び、自信をつけるために必要なゴールであり、ヘタ フェにとっては致命的な打撃となった。そこから、バルサは楽々と状況を制し、モヤの前にセルジ・ロベルトは同点弾を決める寸前だった。だが、それを決めた のは再び、ペドロだった。見事な左からのアクションから再び、ゴールを突き刺した。さらにペドロはアルバからのセンタリングを受けて、試合を2-3へ変え た。

冷静さ、セスクが決めた

そのテンションが少し下がったロッカーチームだったが、それはバルサにとって、よ り慎重にプレーすることを意味していた。試合のコントロールができている今、冷静さを保つことは大事なことだった。前半で得た教訓を手に、後半がスタート した。ボールはバルサのものだった。ヘタフェには攻撃させなかった。実際、ポゼッションがそれを明らかに語っていた。とはいえ、縦に切り込んでくるヘタ フェが60分にディエゴ・カストロのシューズを通して、ひやりとさせるシーンもあった。

だが、ホームチームが許す中、アウェーチームはセスクの4点目を手にした。疑問の残るポジションから左足で決めた。そのセンタリングを出したのは、当然の ように、ペドロだった。バルサはヘタフェのエリアで何度となく危険を生み出し、その状況が続いていた。2-5は、この日、ヒーローとなったペドロに犯され たもので、セスクが沈めた。セルヒオ・ブスケッツが指揮棒を振る中、タタ・マルティノの選手は気持ちよくプレーしていた。2013年ずっとそうだったよう に、今回もリーグ戦の首位のまま、バケーションを迎えることになった。

上に戻る