fcb.portal.reset.password
セスクのゴール

セスクのゴール / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

バルサにとって 2013年のサッカーイヤーは、今週の日曜日に終わる。 最近、ピッチ上でいい内容のプレーが続き、結果を出しているにもかかわらず、今週は、サッカー以外の雑音が多い週だった。その週は、コリセウム・アルフォンソ・ペレスで終わるが、12か月連続首位で年を終えられる可能性がある。

ヘタフェのピッチ を制するのは容易ではないことは知られている。彼らはバルサのようにコンビネーションプレーでせめてくる。また、バルサにとって興味深いデータもある。ヘタフェのホームで勝利を収めた年は、常にリーグ優勝を果たしているのだ。一方、勝利を収められない時は、逆にタイトルを失っている。

そういった試合を タタ・マルティノ が率いるチームは、再び、キーとなる選手なしで戦うことになる。バルデスとメッシが負傷している上、リストからプジョル(監督判断)、チャビ(負傷)、ネイマール(累積警告)が外れた。その一方で、ダニ・アウベスは、1か月ぶりに召集リストに戻ってきた。また、バルサユースのドンゴウも、マドリードへ旅立った。

ヘタフェ は、逆にもっと快適な状況でこの試合を迎えている。現在、降格よりも欧州枠に近いポジションにいる。ヘタフェは、1月の国王杯で16強を戦うバルサの相手にもなる。ヘタフェの監督ルイス・ガルシアは、全選手を召集できる状況にある。

上に戻る