fcb.portal.reset.password

リーグ戦、ヘタフェ戦でのピケFOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

国王杯のベスト8の舞台まで、あと、ほんの一歩だ。ヘタフェを相手に第一戦で4-0を決めた後、次へのチケットをほぼ手に入れるための道を正しい形で歩いているが、まだ、今晩、コリセウム・アルフォンソ・ペレスでの90分間が残っている。

過去の二回の経験が、最後まで手は抜けないと警告している。一度目は、2007年2007年の国王杯準決勝で起きた。カンプノウで5-2の結果を出した後、ヘタフェは4-0でスコアをひっくり返したのだった。そして、二度目はリーグ戦の一か月前に起きたばかりだ。ヘタフェは前半12分に2-0と試合を先制したのだ。その日、ペドロが指揮を執り、その結果、スコアをひっくり返すことができたものの、注意が必要なのに変わりはない。

チャビ、700試合目

前歴を抱えて、バルサは集中しているヘタフェに向かう。タタ・マルティノは、この試合にトップチームから18人の選手を召集した。召集リストに入ったチャビ・エルナンデスは、この試合で公式試合700試合目を迎える。チャビは、バルサの中で最も多くの試合に参戦している選手だ。召集リストからは、イニエスタ(土曜日から左膝に違和感を抱えている)、セルヒオ・ブスケッツ、ジョルディ・アルバが監督判断で外れた。

一方のヘタフェは、奇跡を求めて、19人の選手を召集した。ルイス・ガルシア監督は、ヘタフェBから二人の選手を召集した。GKガルバン、ディフェンダーのビガライ、エスクデロ、バレラ、ロポ、ガビラン、モスケラは、ホームでの試合に欠場する。ヘタフェは、4連敗しており、自信を取り戻すためにも勝利を必要としている。

上に戻る