fcb.portal.reset.password

Gerardo 'Tata' Martino. FOTO: www.newellsoldboys.com

ヘラルド・ダニエル・マルティノ、通称‘タタ’は、50年前、ロサリオ(アルゼンチン)に生まれた。ニューウェルズ・オールド・ボーイズの選手として成功を収めた後、 1998年から監督としてのキャリアを積み始めた。その時以来、率いる全てのクラブで、攻撃的でクリエイティブなコンビネーションサッカーに賭けてきた。当時に非常にコンペティティブなチーム作りを行なう。また、彼のサッカー哲学に、前線からのプレス、GKからのっボール出し、カンテラ(下部組織)の選手への信頼などがあげられる。

最初に監督として、率いたチームは、アルゼンチンのファーストディビジョンBのクラブチーム、ブラウン・アレシフェだった。 99/00年にアルゼンチンのプラテネセを率いて、その翌年、2000/01年にインスティトゥート・デ・コルドバと契約した。

パラグアイとアルゼンチンでの成功

1年間の休養の後、ヘラルド・マルティノは、パラグアイサッカーにやってきた。そこでタイトルという形で最初の収穫を手にした。最初に率いたクラブチームは、クラブ・リベルタであり、2002年のアペルトゥーラ(前期)とクラウスラ(後期)両方で優勝を果たした。その翌年、2003年はアペルトゥーラでチャンピオンとなった。

パラグアイでの冒険は舞台をセロ・ポルテーニョに変えて続いた。2003年から2004年の間、セロ・ポルテーニョで多くの成功を収めた。.その後、コロン・デ・サンタフェ(アルゼンチン)をわずかな間、率いて、再び、クラブ・リベルタに戻った。そこから、パラグアイ代表へと飛躍を果たし、2010年ワールドカップを率いた。Eパラグアイは、その後、チャンピオンとなったスペインと死闘を繰り広げた後、 8強で退いた。

その後、マルディノは、パラグアイ代表を2011年のコパ・アメリカ決勝まで導いた。それから、ニューウエルズ・オールド・ボーイズの監督を引き受けるために、代表監督を辞め、良い状況になかった、彼にとってホームであるクラブチームの指揮を執ることを決めた。‘タタ’をベンチにロサリオのチームは、降格を免れ、その後、2013年のトーナメントではチャンピオンになった。最近、リベルタドーレス杯では、準決勝に参戦した。

以前は攻撃的ミッドフィルダー

ヘラルド・、マルティノは、ニューウエルズそのものだ。17歳で選手としてデビューし、そこから505試合に参戦することになる長いキャリアを積んだ。 そこでマルセロ・ビエルサなどの監督から、影響を受けた。元はスキルのある攻撃的ミッドフィルダーだった。他には、テネリフェ (1991年最初)、ラヌス、オ・ヒギンス (チリ)、バルセロナ・デ・グアヤキリ (エクアドル)などのユニフォームを纏い、 1996年に選手として引退し、指導者の道を歩み始めた。

上に戻る