fcb.portal.reset.password

Martino, durant el partit. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド 'タタ' マルティノは、FCバルセロナの公式戦で監督として日曜日にデビューしたが、これ以上はないデビューを受けた。レバンテを相手に7-0を制したバルサは、ハーフタイムを歴史的な6-0で折り返した。中でも攻撃におけるプレスは、チームが取り戻したいものであり、目立った部分だった。

・プレーコンセプト

「私達が選手と共に話したコンセプトは、新しいものではなく、既にあったが封印されていたのを再び、行なっただけだ。まだ、始まったばかりだが、内側に深さを求め、ダイレクトプレーを織り交ぜながら、行なったのはいい兆候だ。 プレスは取り戻そうと強く努力した部分だった。それだけに満足している

・レオ・メッシ

「メッシとは到着してから話している。シーズンは長いし、多くの試合でプレー時間を短縮することは、試合を休ませることも含めている。私達はすぐに合意に達したよ」「交代についてお互いに歩み寄るのは難しい。互角に戦っている試合で、彼を交代させる頭のおかしい者はいない。だが、早く決着がついた試合なら、それは可能だし、そういった形でフィジカル面をケアできる」

「メッシがプレスをスタートする時、対戦相手はプレスをかけてくるのも、ボールを奪うのも彼だとわかっているし、メッシはナイスプレーをノンストップで行なう。このまま、続けていってくれればと願う。そうすれば、他の選手らもそれにならうだろう」

・向上は可能

「私達はよりプレー強度を高めることができる。プレスを長くかけ続けることもできるし、攻撃にバリエーションも増やせる。内側からの攻撃、外側からの攻撃、サイドバックの攻め上がり、ハーフサイドの選手の到着など、向上の余地はある」

90分のみで、グローバルな分析を行なうには、まだ時期尚早だ。私達の現況を知るためには、もっと試合数を重ねなければならない」

・ネイマール

誰もがネイマールとメッシの競演を見たがっている。だが、選手を傷つけるかもしれない。チームにできるだけ早く適応してほしいが、強要はしたくない。すぐに彼の最高の状態を見ることができるだろう。これが私の見方であり、決定だ

・成功の秘訣

「全員が同じ重要性を持っているという意味では、選手の前ではっきりと示している。全員のコンディションが整っていなければ、成功は手にできないと言ってある。これだけ多くの試合をこなさなければならないのに、たった11人では最後までたどりつけない。 論理にのっとった上で、ローテーションを行ないたいと思っている」

上に戻る