fcb.portal.reset.password

試合後のマルティノ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド・マルティノは、レアルマドリードが国王杯で1-2とバルサを制した後の記者会見で、「前進し、リーグ戦を戦い続けなければならない」と話したが、「今回の打撃はとても大きい。なぜなら、私達は大きな期待をしていたからだ。勝ちたかったが、チームがトライしたことを評価したい」と付け加えた。.

また、マルティノは 「負けたことに深い痛みを感じているし、ここまで来てくれて応援してくれた人々にも申し訳なく思っている。バルサにはやるべきポジティブなことがまだ、たくさん残っている」と話し、この試合のメリットの一つはバルトラだったと述べた。「トップチームに居場所があることを証明した。決勝は負けてしまったが、彼がそれを表現できたのはポジティブな出来事だった」と話した。

正確性の欠如

チームの今後については、 「私達は残っていない力を振り絞らなければならない。私達は最後まで戦い続けていく義務があるのだから」と話し、バルサのプレースタイルについて「バルサのプレースタイルは、変更の余地が少ない。私達はボールを回し、努力したものを発揮するチームだ。ボールを動かすスペースに正確さが欠けると、試合はやりにくくなる。先制点を決められないと、その後が難しくなることが多い」と分析した。c

最後の数メートルでの正確性に欠けたことを嘆き、「ラスト20-25メートルの正確性に欠けた。これは感情的な問題ではない」と締めくくった。

上に戻る