fcb.portal.reset.password

Martino, durant el partit. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド・マルティノ は、バライドスで0-3と大きな勝利をあげた後、記者会見場に現れた。マルティノは、ブスケッツ、ソング、ファブレガスの中盤に賭けて、この三人組について、「後半は、この中盤で最高の成功を得た。私達はトライアングルのフォーマットを変えて、ソングはブスケッツとの側でプレーし、セスクを自由にした」と分析した。

タタは、バルサは「いい試合をして」ゲームに勝ったと冠あげており、チームは前半の最後に苦しんだ「期間」があった。アドリアーノは「用心のために交代させた」ことを明かし、マルティノはまた、「プレスをスタートするためには、ファブレガスをメッシに近付ける必要があった。0-3の後、私達は下がったが、それはセルタが非常に攻めてきたからだ」と付け加えた。

最後にバルサのトップチームの監督は、チームがしなければならないのは、勝つことであり、対戦相手について考えることではないと話した。「我々がしなければならないのは、勝つことだ。遅かれ早かれ、残りの対戦相手とはぶつかることになる。勝てれば、もっと落ち着いて次に起こることを待ち受けることができる」との考えを述べた。

上に戻る