fcb.portal.reset.password

Tata Martino ha atès els mitjans de comunicació abans del partit contra l'Osasuna / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド・マルティノ は、エル・サダルで行われるオサスナ戦(20時)を前に記者会見に現れた。そこで笑顔を浮かべて、ブスケッツがスタメンでプレーすることやカルラス・プジョルの復帰を褒め称え、「プレーする準備が整っている。必要とあれば、プレー時間があるだろう」などと話した。

更に タタプジョルについて「プジョルのことでは、再び、チームといることで彼がとても嬉しそうなのが目を惹いた。スポーツキャリアがこれだけあり、多くのタイトルをとってきた彼のそのような様子を見ることは、私にとっても、非常に興奮させられることだ。彼のスピリッツが7か月ピッチから離れていたという試合不足を補うだろう。まるで、トップチームでデビューするかのようだ」と語った。

記録は気にせず

もしも、バルサが パンプローナで 勝利をあげれば、1968/69年にレアルマドリードが作ったシーズン開幕最高記録と並ぶことになるが、マルティノ監督は「試合数や記録について、話されているが、それが私の数週間前からの考えを変えるわけではない。 基本はシーズンの最後にどうなるかだ。歴史に残るのはそれだけなのだから。1週間前に全ての片がついていたわけでもなければ、今週が決定的な週でもない。これらの試合は大事だが、全てはまだ始まったばかりだ。まだ何も決まっていないと思う」とタタ は分析し、目の前にあるオサスナ戦のみを考えると話した。

基本はシーズンの最後にどうなるかだ。歴史に残るのは、それだけなのだから。

「オサスナは最近の試合で内容が向上している。そのスピリッツはすごいし、反撃する必要がある。私達にプレーさせず、ボールを回させないようにして抑え込んでくるだろう」とナバラのチームに対して話した。

「アドリアーノはよくやっている」

また、再び、ジョルディ・アルバが負傷したため、ピッチから遠ざかることになり、アドリアーノ・コレイアが、チームにとって大事な選手で居続けることになる。「私達には、再び、アルバが負傷するという不運が起きたが、アドリアーノは非常によくやっている。ほぼ15日間の休みがあったので、ここから先の試合に耐えていけるだろう。もし、交代が必要だとしても、私達には十分なオプションがある」とマルティノは説明した。

ピケ、アウベス、アレクシスに休息

ヘラルド・マルティノは3人を招集外にしたことについて「アレクシス、ピケ、アウベスを招集外にしたのは、医学的な問題では全くないが、彼らは試合とプレー時間を重ねていたので、休息を与えた」と明言した。

上に戻る