fcb.portal.reset.password

練習中のマルティノ / Photo Miguel Ruiz

クラシコを目前にして、ヘラルド・タタ・マルティノは、「おそらく、リーグ戦を挽回するにあたって、最後のチャンスになるかもしれない」とクラシコを位置づけた。「今週の日曜日が終われば、あと残っているのは9試合だ。その中で勝ち点1を詰めるのと勝ち点4や7を詰めるのは異なる」と指摘し、「勝ち点7を詰めるのも、4を詰めるのも、非常に難しい。私達にそれだけの力がないからではない。単に残されている勝ち点数が少ないからだ。ここまで終盤になって、敵もそう簡単にはミスを犯すことはない」と分析した。試合の鍵はいいプレーをし、ポゼッションを手にして、我々のプレーを主張すること、相手からのカウンターを避けることだ。

日曜日は勝たなければならない

試合については、「試合の鍵はいいプレーをし、ポゼッションを手にして、我々のプレーを主張すること、相手からのカウンターを避けること、ベイルやクリスティアーノからの1対1を避けることだ」と話し、「ふだんと異なることを行なう必要はまるでない。どの試合も必ず、勝ちにピッチにあがるのだから」と話した。また、メッシについて、「メッシは我々の手本となるべき選手。決定的な試合には必ず、現れて、素晴らしい試合を行なう。それがチームのために非常にポジティブなことだとわかっている」と話した。メッシは我々の手本となるべき選手。決定的な試合には必ず、現れて、素晴らしい試合を行なう。

一方、ネイマールについても話し、「ネイマールは世界中の選手の中でベスト5に入る一人だ。大勢の中の一人、と本人が感じないようにしてあげたい。実際、そうじゃないのだから」とコメントした。

また、バルサは今季、アウェー戦で素晴らしい試合を行なっていることをし絵t木し、特に「イギリスでのマンチェスターシティ戦」はよかったと例にあげた。


[[BOTOVERMELL::クラシコ21人召集リスト++ここからチェック!::http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/detail/article/21-players-list-for-clasico::HOR::::NO-TRACKING::::::]]


上に戻る