fcb.portal.reset.password

試合中のヘラルド・マルティノ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド・マルティノ は、アノエタにて、レアルソシエダを相手に3-1で黒星を喫した後、試合後の記者会見で自己批判を行なった。マルティノはチャンピオンズリーグのマンチェスターシティとの対戦に比べ、大幅な交代を行なったが、「私達は前進しなければならない」とコメントした上で、今回のプランが最良ではなかったことを認め、「試合の解釈は、ふさわしいものではなかった」と話した。

また、マルティノは、「3人のアタッカーを億ことは、4人の中盤を壊すことも含む。そこでソングを加えたダブルボランチの方がいいのではと考えた」ことを明かし、「ローテーションは、いいことだが、それは結果がポジティブな時のみ通用する」と付け加えた。スコアが3-1の状態で行なった交代については、「私達のプレースタイルを考え直す必要はなかった。最初のチェンジを行なうと決めた時、スコアを3-1にされてしまった」」 と説明した。

また、最後に マルティノ は、ハーフタイム中に退場処分を受けたことについて、「私の退場処分については何も言うことはない。主審の判断だ」と話すにとどめた。

上に戻る