fcb.portal.reset.password

ヘタフェ戦での試合中のマルティノFOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ヘラルド・マルティノは、ヘタフェを相手に4-0と試合を制した後、バルサは「非常にいい内容のサッカーをした」とコメントし、ヘタフェは試合の最中、「私達を難しい状況に追い込んだ瞬間があった。彼らは1点は得点するのにふさわしかったかもしれない」と話した。

また、マルティノは、二か月ぶりのレオ・メッシの復帰についても話し、「レオ・メッシのキャリアは、まるで映画のシナリオのようだ。3分間で2ゴールを決めてしまった。彼に起きたことは、結果につながる」と表現した。また、ファブレガスについても話し、「試合のベストプレーヤーだった」と断言した。そのほかのすべての選手は、「みんな良かったし、全員が重要だと感じている」とコメントした。

良いサッカー

「チームはいい内容のサッカーを証明した。ボール回しは早かったし、相手が組み直す隙を与えなかった。私達は試合を非常によくコントロールできた。これはチームの個人個人がシーズンの中でも、非常に好調であることの産物だ」といい、次のアトレティコ・デ・マドリード戦については、「一部の選手にとっては不当な扱いをすることになるだろう」とそのスタメン構成の難しさを伝えた。

最後に、マルティノは練習中に「選手はみんな非常に透明でわかりやすい。いい試合をするだろうというのがはっきりと見えたし、レオもここ数日、非常によく見えていた」ことを明かした。

上に戻る