fcb.portal.reset.password

 

0-4でラヨ・バジェカーノを負かした後の記者会見でのタタ・マルティノのコメントは、以下の通り。

「ラヨは、ひどくプレスを賭けて来たので、ショートパスでつなぐプレーをするのは、難しかった。私達はロングでプレーするオプションをとった。この手の試合では、時に相手チームの陣地に入り込むための策が必要となる」

後半のチームを私はとても気に入った。私達はアヤックス戦の時のような、ディフェンス面でのミスを犯さなかったし、時間が経つにつれて良くなっていった。私達には、多くのゴールキャパシティがあった」

「バルデスは素晴らしいレベルにおり、私は監督としてそれを享受している。再び、PKを止めて、決定的なセービングを行なった」

アレックス・ソングとマルティン・モントヤは、非常によかった。見事なレベルで応えたし、余りプレー時間が多くないのにもかかわらず、サッカー的なリズム不足も感じられなかった」l

「ラヨが提案してきたプレーは、アグレッシブで素晴らしい提案だったと思う。ピッチが小さいので、ボールを失ったことが問題となったが、それも後半には快勝され、プレーも向上した」

ネイマールはとても頭がいいから、あらゆるシチュエーションを認識できる。 ゴールを決めることもできたが、ペドロにそれを譲った。今季、最も重要なゴール [アトレディコ・デ・マドリードを相手に決めたスーパー杯]は、彼が決めている」

・選手のコメントのビデオは、下記から。

ビクトル・バルデス

「昨日、監督とデラ(デ・ラ・フエンテ)と話して、ロベルト(トラショラス)は真ん中に蹴ってくるだろうと賭けていた。ふだんは彼は余り、それをやらないけれど、彼も僕が真ん中にいて動かないとは思っていなかったのではないか。うまくいった」

「物事がうまくいっていて、僕はとても満足している。でも、何よりも大事なのは、リーグもチャンピオンズも、今のこの最初の時期に勝っているということだ」

「ポゼッションについて話し過ぎていると思う。あまり、それを気にしすぎるべきではない。結局、最も大事なのはバルサが勝つことなのだから。僕らは独自のスタイルをキープしようとしているが、新しい監督が来て、新しいことを与えてくれている。最も大事なのはチームが勝ち続けていることだ」

上に戻る