fcb.portal.reset.password

El Tata Martino, durant el partit. FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]レアル・ソシエダを相手に4-1で試合を制した後、ヘラルド・マルティノは、試合に満足していると話した。 「試合はとてもよかったと思う。特に前半のライバルの内容の良さを考えると尚更だ。私はチームにとても満足している」とタタは話し、「チームはリズムを変えて、もっと縦にプレーすることで、バリエーションを探っている」と付け加えた。

常にこういったやり方でプレーしようと求めているが、簡単ではない。

また、タタ・マルティノは、チームは最初の45分間の方がよかったと認め、特に内容のいい試合ができたのは、相手にチームに対してプレスをかけられたことだと評した。「後半は、それが減ったが、チームが素晴らしいプレーをした瞬間、全てのことが少しずつ、全部、見えた。対戦相手のボールが出た時から、高い位置でプレスをかけていくことなどが、より見られた」と分析した。

レオ・メッシへのケア

試合が後10分で終了という時に、レオ・メッシを交代させたことについて、マルティノは「メッシをケアすることは私の義務だ。シーズンの決定的な瞬間に、全選手が良い状態でいてくれることを我々は必要としているし、特に彼がそういった大事な時にいい状態でいてくれることは必要だ。レオはいつも全部プレーしたがっているが、その時間を少し、奪い、もし、可能性があれば、少し、休息を与えたい」と話した。また、ネイマールについて、「彼は素晴らしいサッカー選手だ。私達を魅了するほど、チームのために自己犠牲を行なっている」と話した。

メッシをケアすることは私の義務だ。シーズンの決定的な瞬間に、彼が良い状態でいてくれることを我々は必要としている。

バルトラに満足

リーグ戦デビューしたマルク・バルトラは、今季、ゴールを決めた11人目の選手になった。 マルティーノは、「バルトラは、堅固に守り、ゴールを決めた。私達は彼にとても満足している。マスチェラーノの負傷が確認されたら、プレーする可能性は高いだろう」 と評し。「」チームにゴールを決められる選手が数多くいるのは、非常に興味深いことだ」と付け加えた。 .

また、今季のリーグ優勝争い候補として、「アトレティコ・デ・マドリードは素晴らしいシーズンを行なっている。もちろん、バルサとアンドリードは頭一つ抜けているが、それは今に始まったことではない。アトレティコは私達やレアルと同じ位置にいる」とコメントした。

メッシ、Facebookで釈明

「マルティノが僕を交代した時、僕は何のジェスチャーをしなかった。誰もピッチを去るのは好きじゃないが、僕達はそれを受け入れなければならない。なぜなら、それがチームにとって最善だからだ。僕に関係するシチュエーションで、一部のメディアが事実と異なった嘘を言うことだけは、受け入れることができません」

上に戻る