fcb.portal.reset.password

Martino i Ancelotti mai han perdut un superclàssic. Aquest dissabte en viuran un més

ヘラルド・マルティノとカルロ・アンチェロッティは、今週の土曜日、初めてのクラシコ、バルサーマドリード戦を率いる。バルサの監督は、パラグアイでは4回、クラシコを率いており、また、レアルの監督はイタリアとフランスで7回、それぞれの国のクラシコを率いている。両者とも過去のクラシコで一度も負けたことがない。

アルゼンチンのスーパークラシコは知らず

タタは、ニューウェールズ・オールド・ボーイズ及びロサリオ・セントラルのライバル性を選手として楽しむことはあったが、監督としてはその機会がなかった。 2012/13年、 マルティノが全ての人生を通して付き合ってきたチームを率いた時、ニューウェ^ルズはプリメラBでプレーしていたからだ。

バルサの監督となった今、偉大なライバルを前にするプラテンセ対アルヘンティーノ・ジュニオルズ、コロン対ウニオンなどは、ベンチから経験していいる。 そうはいっても、リベル・プレート対ボカ・ジュノルズのようなスーパークラシコに筆頭するものではない。

パラグアイでは無敵

マルティノが監督として、率いた唯一のクラシコを知るには、 2004年まで遡る必要がある。セロ・ポルテーニョのベンチから過ごしたものであり、オリンピアを相手に2004年の前期リーグで1対1で引き分けた。その後、後期リーグの二回のクラシコは両方ともタタが勝利を手にした。  ホームでは3-1、アゥエーで0-1と試合を制した。この年、セロ・ポルテーニョは前期リーグで優勝し、後期リーグではパラグアイのチャンピオンになった。

イタリアで3勝1分け

カルロ・アンチェロッティも、選手としてスーパークラシコを過ごしたことはない。パルマ、ローマ、ACミランの選手として過ごしたが、インテル―ユベントスなどのイタリアで最高にライバル視されている試合には出場したことがない。逆に監督としては、経験している。1999 年から2001年、アンチェロッティは全部で4回、セリエAのクラシコを率いており、その内訳は3勝 (1999/00年、1-0 、1-2、2000/01年に3-1) 1分け  (2000/01年に2-2)だ。

フランスでの高い信頼

AC ミランとチェルシー(プレミアムリーグでは、リバプール対マンチェスターが偉大なクラシコと考えられている)では、クラシコを率いるチャンスがなかったアンチェロッティ次のクラシコまで10年間、待たなければならなかった。それはPSGの監督となったフランスで 2012年の1月に就任した。その年、オリンピーク・デ・マルセイユを2-1で制した。 翌年は、イブラヒモビッチの2ゴールのおかげで、敵地でドローを得た (2-2) 後、再び、ホームで新たな勝利を手にした (2-0)。

今週の土曜日、カンプノウにて行われるクラシコの試合の結果がドローなら、両監督のクラシコの記録は、続くだろうが、勝利を手にすれば、二人のうち、どちらかがクラシコでの無敗記録を破られることになる。

上に戻る