fcb.portal.reset.password

Messi i Neymar Jr celebren el cinquè gol, obra de Cesc / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

48回目のジョアン・ガンペル・トロフィーは、ホームに残った。FCバルセロナは、カンプノウのスペシャルナイトで、ブラジルのサントスを相手に大勝した。 バルサの2013/14年は、タタ・マルティノとネイマールを紹介してスタートした。また、火曜日に亡くなった伝説アントニ・ラマジェッツ を悼み、バルサはこの4度目のプレシーズンマッチに8-0を捧げた。得点を決めたのは、メッシ、レオ(オウンゴール)、アレクシス、ペドロが前半に、後半はセスク(2), アドリアーノ、ドンゴウだった。

11分に2-0

タタ・マルティノは、やる気に満ちてピッチに立った。一瞬の間に、エリア内のボールを逃さず、メッシがカンプノウ今季最少の先制点をマークした。その4分後、右サイドからのセンタリングのレオがクリアしたが、そのクリアボールは自営のゴールにスお混まれた。バルサは前半11分に2-0で勝っており、サントスはまだ、中盤にもボールが届いていなかった。

勝負を決めた30分

サントスは、前半中、バルデスーラマジェッツの名前をユニフォームに背負ったーを試すこともしなかった。バルサが上だったのは、明白な事実だった。全体を通してそうだったが、特にタタの手腕が見えたのは、選手が、敵地でのプレスを取り戻したことだった。何度も、そのおかげでチャンスが訪れた。その結果、3-0が訪れた。ディフェンスゾーンでボールを奪い返し、メッシとコンビネーションを組んで、正確なシュートを放ったアレクシスの作品だった。

FC バルセロナは、ハーフタイム前に4点目を決めた。今回は、イニエスタ、アレクシス、アルバのチームプレーから生まれたものであり、アルバがペドロへ放った最高のアシストは、ただ、押し込むのみでよかった。ガンペル杯の勝者は、決まったも同然だった。

メッシとネイマール、16分の競演

試合は決まったも同然だったが、この日のメインディッシュがまだ残っていた。メッシとネイマールJrのピッチでの饗宴だ。誰もが待ち焦がれていたその瞬間は、ハーフタイム明けに訪れた。バルサの‘11番’がペドロに代わって入った。また、タタ・マルティノは、7人もの選手の交代を申し付けた。マスチェラーノ、アレクシス、メッシのみが、引き続き、ピッチに残った。 メッシとネイマールは、トータルで16分、ピッチを分け合い、その間に、セスクがエリア内からシュートを放ち、バルサの5点目を決めた。

セスクのダブルゴールとアシスト

セスクが後半の主役の一人だった。セスクは、6-0のゴールも決め、また、ドンゴウが決めた8-0をプレゼントしたのも、彼だった。 アドリアーノは、エリア外からミサイル弾を打ち出した。サントスは、ポストのおかげで、大量ゴールをわずかに減らすことができた。セスクの完璧なフリーキックとネイマールの左足でのシュートが、サントスをカンプノウで完膚なきまでに痛めつけた。この新生バルサには、期待があふれていた。

上に戻る