fcb.portal.reset.password

Alexis, celebrant el seu golàs contra el Madrid. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

間違いなく、アレクシス・サンチェスは、長いクラシコ史におけるスーパーゴールを決めて、歴史に名を刻むことになった。を今週の土曜日75分にエリア外から決めたループシュートは、わずかにゴール前に出ていたディエゴ・ロペスの頭上を越えて、吸い込まれていった。正確かつ芸術的作品としての価値あるゴールだった。バルサのユニフォームを身に着けて決めて来たスタイルそのものだった。

ベルグラードで決めたマラドーナのループシュート
バルサ史の中で最も有名で伝説となったループシュートといっても過言ではないだろう。レッドスターのスタジアムでマラドーナが決めたものだ。 82/83の旧ウイナーズカップウイナーズの16強を争う第一戦での試合であり、バルサはゲームを2-4で制した。  ‘ペルーサ’ は正面からシュートを放ち、無力なGKストハノビッチの頭上をボールは超えていったのだった。

クーマンのダブルループシュート
ほぼ10年が過ぎ、再び、ウイナーズカップウイナーズ(90/91)でループシュートが見られた。 ロナウド・クーマンが例外的なスーパーシュートを決めたのだ。バルサは、1-0の試合をカンプノウで逆転しなければならなかった。結果的には、試合を7-2で制し、大逆転となったわけだが、中でもクーマンの芸術的ゴールは記憶に残っている。オランダ人は、ピッチの3分の2のあたりでボールを受けると、自らにパスを出しながら、あらゆるディフェンスラインを超えて、前線までたどりつき、前に半分で賭けていたGKをファーストタッチで超えて、シュートを突き刺したのだった。

スペシャリストのロマリオ
ロマリオがバルサにいた1年半、彼はループシュートでゴールを決めるエキスパートだった。リーグ戦デビューも、レアル・ソシエダを相手にループシュートでスタートし、また 93/94年にも正確に弧を描いた美しいゴールでウナヌア (オサスナ) やアベル (アトレティコ・デ・マドリード)に留めをさした。バルサの選手として彼が最後の方に決めたゴールの一つも、もちろん、ループシュートであり、その犠牲者は、再び、アトレティコだった。

リバウドのコピー
他のゴールに比べると、それほど記憶には残っていないかもしれないが、戦術的にも、見た目にも美しい見事なループシュートをリバウドも決めている。このループシュートは、アレクシスがディエゴ・ロペスの前に決めたものと類似しているかもしれない。それは、2000/01年34節に当たるバルサーラヨ戦だった。51分、リバウドはグアルディオラのパスを正面から受け、その神がかり的な左足で、GKケラーを打ち破ったのだった。

上に戻る