fcb.portal.reset.password

El partit del Barça de la temporada passada a Anoeta / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

土曜日に行なわれるレアル・ソシエダ- バルサ戦は、リーグにおける伝統の一戦だ。旧アトーチャスタジアムは、1993年に現在のアノエタスタジアムに移るまで、まさに洗浄だった。続いて、この四半世紀に渡る伝統の歴史的4戦を振り返ってみよう。

1992/93: アトーチャ惜別のドロー (2-2)
伝統的なアトーチャスタジアでの最後の試合は、バルサにほろ苦い味をもたらした。試合は前期最後の試合であり、ドローに終わった。ヨハン・クライフの率い る選手達は、二度に渡って先制したが、メホ・コドロがダブルゴールを記録して、試合は88分に2-2となり、終了した。

1993/94年: アノエタでの黒星デビュー (2-1)
コ ドロがバルサのアノエタ公式デビュー戦の主役となった。1994年1月22日、バルサはその試合を前節、シメオネ(セビージャ)に手を挙げたロマーリオが 出場停止処分を受けた状態で迎えた。コドロの2得点の前にラウドルップの得点は勝利の役に立たず、当時、首位だったデポルティーボとバルサの差が広がるこ ととなった。



2000/01: 前半に6ゴール (0-6)

リーグ戦、チャンピオンズリーグともイレギュラーな開幕の後、セラ・フェレルの率いるバルサは、レアル・ソシエダのスタジアムでリーグ戦5節目に爆発し た。ゴールを決めたのは、リバウド (2)、アルフォンソ (2)、ルイス・エンリケ とシマウだった。バルサのソシエダのピッチにての最多得点試合だった。

2012/13: 絶好調の終焉 (3-2)
昨シーズンのリーグ戦で、レアル・ソシエダはティト・ビラノバの勝ち点57点中55点を獲得する(リーグ史における最高記録)という誉ある記録を破った。チームはアノエタで0-2と先制したが、ソシエダはロスタイムにアギレチェのゴールで試合をひっくり返したのだった。

上に戻る