fcb.portal.reset.password

 

FC バルセロナとレアルマドリードの選手達 が今週の土曜日、18時にピッチに立ったら、その時、カンプノウのサポーターは、一つのモザイクを作る。そこに現れる文字は ※'Força Tito' [フォルサ・ティト]、それは2年ほど前に病気が発覚し、今でも治療を続けており、2013年7月にトップチームの任務を離れることを余儀なくされたクラブの元監督に捧げる励ましのメッセージだ。

モザイクは、98.000 枚 もの紙で作られ、バルサカラーと‘セニェラ’(カタルーニャ州旗)のカラーが翻ることになる。ティト・ビラノバがバルサの監督として、最後のクラシコをカンプノウで率いた時は、スタジアムは‘セニェラ’カラーで埋まった。

カンプノウは、伝統的に 20 年以上、モザイク を作り続けており、今回、この形で昨シーズン、リーグで勝ち点記録を達成したバルサの監督に敬意を示したい考えだ。

上に戻る