fcb.portal.reset.password
Messi i Tiago, en el partit de Champions al Camp Nou.

カンプノウでのメッシとティアゴ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

バルサとアトレティコ・デ・マドリード間の今季、6度目の対戦となる。試合は、現在まで非常に互角に戦われており、実際、その内訳は4分け、アトレティコが1勝、バルサが2得点、アトレティコが3得点というものだ。今までの5試合の統計データは、互角の実力を表しながらも、両者のプレースタイルの違いがわかる結果となっている。

バルサはセンタリング、パス、ポゼッション、1対1では、明白にアトレティコ・デ・マドリードを超えているが、一方、シメオネはより、ダイレクトサッカーを目指し、オフサイドプレーも多く、また、ファウル数も多くそのアグレッシブさが伺える。下記のデータは、 2013/14年に行なわれた5試合をまとめたものになる。

 
ゴール 2 (0,4) 3 (0,6)
総シュート数
54 (10,8) 41 (8,2)
ゴールを捉えたシュート
18 (3,6) 21 (4,2)
センタリング
118 (23,6) 60 (12)
オフサイド 2 (0,4) 12 (2,4)
ボールを取り戻した数
370 (74) 383 (76,6)
ボールを失った数
477 (95,4) 475 (95)
犯したファウル数 57 (11,4) 102 (20,4)
有利なPK
1 (0,2) 0 (0)
イエローカード
13 (2,6) 15 (3)
レッドカード
0 (0) 2 (0,4)
パスの合計数 
3.767 (753,4) 1.514 (302,8)
成功パス数
3.245 (649) 1.040 (208)
1対1を仕掛けた数
64 (12,8) 30 (6)
平均ポゼッション 71,2 28,8

*データはOptaSports提供による

上に戻る
_satellite.pageBottom();