fcb.portal.reset.password

Iniesta, en el darrer partit amb Espanya. FOTO: fifa.com

スペイン代表は、FC バルセロナの選手をアフリカの土地で行われる親善試合に5人招集した。ビクトル・バルデス、セルヒオ・ブスケッツ、アンドレス、イニエスタ、セスク・ファブレガス、ペドロ・ロドリゲスだ。全員が11月16日にマラボで行われる赤道ギニアとの対戦、19日にヨハネスブルグで行われる南アフリカとの親善試合に参加する。

チャビとピケ は、通常、スペイン代表に招集参戦しているが、今回は招集されなかった。そのため、代表週の間、バルセロナに残ることになる。また、ピケは、今朝、恥骨に違和感を感じ、個人練習を行なっており、その症状次第で、ベティス戦の出場が決まることになる。

ソングはブラジルを賭けて

スペイン代表に招集された5人以外に、6人もの選手がバルサから招集されている。そのうちの一人がアレックス・ソングで、ブラジルワールドカップの最後のチケットを賭けて、チュニジアと対戦する。試合は、カメルーンの首都、ヤウンデにて17日に第二戦が行われる。ちなみにチュニジアとの第一戦はスコアレスドローに終わっている。

ブラジルとアウベス、ネイマール、チリとアレクシス

アレクシス はチリと親善試合を二試合行なう。15日にロンドンでイギリス代表と19日にトロントでブラジル代表と対戦する。そのブラジルには、チームメートのアウベスとネイマールが招集されている。スコラーリの代表は、チリとの対戦以外に16日にマイアミでホンジュラスと対戦する。

メッシとマスチェラーノの復帰

メッシとマスチェラーノ は、負傷により、招集から離れた後、再び、アルゼンチン代表に招集された。アメリカで親善試合が二試合あり、15日にサンルイスでエクアドルと18日にニュージャージーでボスニア代表と対戦する。

上に戻る