fcb.portal.reset.password

Els jugadors celebren un dels quatre gols / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

今週の土曜日、ラヨ・バジェカーノとバルサとの対戦が残した興味深いデータは、以下の通り。

- バルサがリーグ開幕から5連勝した時は、必ず、リーグ優勝して終わっている。それで優勝したのは、1985, 1991, 1998, 2010, 2013年。

- モントヤ は、バジェカスでスタメンだったが、今季、初めての出場だった。まだ、デビューしていない選手は、プジョル、ピント、クエンカ、アフェライ、オイエルの5人。

- マルティノ は、相変わらず、ローテーションシステムを起用しているが、今回は、過去に使ったことがない、初めての顔ぶれのイレブンをスタメンに据えた。: バルデス、モントヤ、ピケ、マスチェラーノ、アドリアーノ、ソング、チャビ、セスク、ペドロ、ネイマールだ。

- メッシ は、バルサと共にリーグ戦で250試合目を迎えた。現在までの公式戦の総数では、メッシはランキング13位で386試合を消化したグアルディオラと並んだ。

- バルサの '10番' は、アウベスとエトーを超えて、1部で250試合目を最も若い年齢で迎えた外国人選手となった。

- セスク のゴールで、今季、9人目の異なった選手がゴールを決めたことになった。バルサの‘4番’は、今季、初ゴールをマークした。

- セスクは、今季、リーグ戦で5回のアシストパスを出しており、現時点で今季のアシスト王だ。

- ネイマール は最近、4試合ーバレンシア、セビージャ、会うアックス、ラヨーで、4回、アシストを決めている。個人では5アシストをマークしている。

- ビクトル・バルデス は、バルサのキーパーとして11回目のPKを止めた。リーグ戦で10回、チャンピオンズリーグで1回だ。最後の2回は、最近、4日間の間に2度止めた。

- バルサの '1番' は、現在、現役の1部のゴールキーパーの中で、最も多くPKを止めたキーパーだ。ディエゴ・アウベス、カシージャス、レオ・フランコ(10)とリーグ戦記録で並んでいる。バルデスを超えているのは、12回止めたことのあるパロップ。

-今季、バルデスは、PKを二回止めたーアヤックス戦とラヨ戦ー。バルデスの最高記録は、 2006/07年の3回で、その時は、デポルティーボ、ラーシング、セビージャ戦で止めている。

- バルサは 最近、3回のバジェカスへの訪問で4ゴール以上、マークしている (0-7, 0-5 , 0-4) 。これと同じ記録をアスレティックがオサスナのスタジアムで1959 年から 1962年の間に達成している。

上に戻る