fcb.portal.reset.password

Messi celebra un dels gols contra la Reial Societat la passada temporada / Foto: ARXIU - FCB

開幕戦の成績は、バルサにとってポジティブな結果が多い。過去20年間のリーグ開幕戦で、バルサは14回、勝利でスタートを切っている。統計は嘘をつかない。ここ20年間の結果は、14勝4分2敗だ。

ホームでの開幕戦7試合6勝

FCバルセロナは、ここ二十年間の間、カンプノウで7回、開幕戦を行なっている。その場合の成績は、2002年にAマドリードを相手に引き分けた試合を除いて、 6勝1分けだ。引き分けた年の試合は、ビクトル・バルデスがバルサのユニフォームを着て戦ったデビュー戦でもあった。

昨シーズン、 バルサは、ホームで最初の試合で大量ゴールをあげた。ティト・ビラノバがベンチから率いた最初の試合は、レアルソシエダを相手に5-1で勝利を飾る結果となった。プジョル、メッシl(2)、ペドロ、ビジャがその日、ゴールを決めた。

1-0、ホームで最後のレバンテ戦

タタ・マルティノは、FCバルセロナの新監督として、カンプノウでスペインリーグ戦デビューを果たす。その相手はレバンテになる。レバンテは、昨シーズン32節目に対戦しているが、その際、82分にセスク・ファブレガスがゴールをマークし、チームに僅差の勝利をもたらした。22回目のリーグ優勝に近付けるための貴重な勝ち点3点を手にしたのだった。

ここ20年間、ホームであった開幕戦データ

2012/13 FCB 5 - レアルソシエダ1

2009/10 FCB 3 - スポルティング0

2002/03 FCB 2 - Aマドリード 2

2000/01 FCB 2 - マラガ 1

1999/00 FCB 2 - サラゴサ 0

1997/98 FCB 3 - レアルソシエダ 0

1993/94 FCB 3 - レアルソシエダ 0

上に戻る