fcb.portal.reset.password
2010年のバロンドールファイナリスト3人、チャビ、メッシ、イニエスタが機内で撮影

2010年のバロンドールファイナリスト3人 / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

今週の月曜日に、FIFAバロンドールの3人のファイナリストが発表になった。再び、そこにはバルサ選手が選ばれた。最近、4年間連続して、この章を受章しているレオ・メッシが再び、ファイナリストの3人に選ばれた。実際、FCバルセロナからこの章のファイナリストが選ばれるのは、まれなことではない。それどころか、ほとんど習慣化してきているといえよう。

2007年から連続して

FCバルセロナは、このFIFAバロンドールの高みに2007年から連続して立っている。レオ・メッシは、その時から、一度も逃したことはない。 その年、メッシは3位に終わり、その翌年の2008年は2位に終わった。そして2009年からは4年間連続でバロンドールを受賞し続けている。

最近はその受賞にFCバルセロナのほかの選手が同席することも多い。2009年にはチャビが3位になった。2010年は完全にバルサカラーに埋め尽くされ、2位がイニエスタ、3位がチャビという結果となった。2011年にはチャビは再び、3位を獲得した。2012年にトップ3のラストを飾ったのは、イニエスタだった。.

バルサからバロンドール10人

2006年は、FIFAバロンドールの舞台にバルサの選手が立たなかった最後の年だ。2005年の勝者は、やはり、バルサの選手、ロナウディーニョだった。ロナウディーニョは2004年にもノミネート(3位)されており、また、チームメートのデコ(2位)も選出された。

FCバルセロナは、最も多くのバロンドールを手にしているクラブだ。4年連続受賞しているメッシのほか、ロナウディーニョ、リバウド (1999)、ストイチコフ (1994)、クライフ  (1972、1973)、ルイス・スアレス (1960) がバルサの選手として受賞している。

 

上に戻る
_satellite.pageBottom();