fcb.portal.reset.password

 

バルサは2013/14年のプレシーズンをバイエルン・ミュンヘンのスタジアムで黒星を喫してスタートした。要求度が最高に高い親善試合は、それでも好成績を収めた。ペップ・グアルディオラやティアゴとの再会、第二ユニフォームのお披露目といった興味深い出来事はあったが、ここから多くの結論を下すことはまだできないだろう。バイエルンはプレシーズンをもっとはyくからスタートしており、バルサは後半はバルサBの選手で戦った。とはいえ、そういった状況にもかかわらず、バルサは 試合を通して、相手のレベルに応えてみせた。それは簡単なことではない。

ラームの先制点

ジョルディ・ロウラはトップチームの選手10人とピントをスタメンに据え、スタートした。一方、バイエルンは、贅を尽くしたイレブンで迎えた。試合開始32秒で最初にシュートを放ったのは、メッシだったが、先制点をマークしたのは、ラームだった。ペップのバイエルンは非常に高い位置からプレスをかけ、ピントはクロス、アラバ、リュベリーなどの攻撃に耐え続け、アドリアーノはリュベリーの素晴らしい個人プレーからロッベンがゴールを決める寸前だったのを、ゴールエリアで防いだ。バルサは後ろから飛び出し、また空中プレーで責めてくるバイエルンに苦しまされた。前半14分、ラームのヘディングシュートが先制点となった。

バルサの抵抗
 続けて、セルジ・ロベルトがモントヤのプレーから、絶好の機会を得たが、ゴールには吸い込まれなかった。バルサは誇りをかけて、抵抗し続けた。テジョもゴール正面(38分)からドローチャンスを得たが、ゴールにはならなかった。前半は1-0で折り返した。


リズムの降下と遅れてきたゴール

ハーフタイムを終え、チームはがらりと顔ぶれを変えた。トップチームの11人から、オイエルとバルサBの10人になった。バルサユースは、3人の交代枠を使った欧州チャンピオンを相手に戦い、耐えた。試合のリズムは目に見えて下がった。バイエルンは追加点を探し続けたが、オイエルは抵抗し続け、両者のポゼッションは試合を通して、ドイツ有利のまま、ほぼ変わらなかった (53% vs 47%)ものの、後半は縦の動きが減った。

  決定弾は87分に訪れた。マンチュキッチがコンテントの最高のパスを受けて、楽々とゴールをマークした。多くの欠場選手を抱えながらも、バルサの果たした役割は良好だったが、ウリ・ホーネス杯の優勝カップは、ホームに残った。

上に戻る