fcb.portal.reset.password

e2012年10月7日以来、カンプノウで勝利をあげたチームは皆無

二週間おきにカンプノウに足を運んでいるサポーターは、確実にFCバルセロナの新たな勝利を見て、楽しむことができると確信して向かっている。なぜなら、ここ最近のリーグ戦、20試合でバルサはスタジアムでは常に同じ結果ーバルサの勝利ーを出し続けているからだ。

勝利を挙げているだけでなく、この最近のリーグ戦20試合でバルサは73ゴールをマークしており、1試合平均  3,65ゴールを決めている。嘆かなければならない失点数は 17で、1試合平均にして  0,85だ。

最も繰り返されている4-1
2012年11月3日から 2013年10月26日までの間に行なわれた最近の20 試合で、最も多く繰り返された試合結果は、4-1だ。 このスコアで終わった試合は、4回。対戦相手は、昨季は、アトレティコ・デ・マドリード、マラガ、今季はレアル・ソシエダとバジャドリードだ。

  最後にバルサがカンプノウで勝利をあげられなかった試合を探すには、1年以上さかのぼらなければならない。それは、2012年10月7日だ。 それはリーグ戦の9節目であり、試合はクラシコ、レアルマドリードとの対戦はドローに終わったのだった (2-2)。 最後に黒星をあげたのは、更に2シーズン遡り、2012年4月21日になる。レアルマドリードがクラシコで試合を制したのだった (1-2)。

ティトとタタ、類似している記録

2012/13年10節から38節まで、バルサのカンプノウでの活躍は圧倒的なものであり、最終的にリーグ戦で勝ち点100を手にしてのリーグ優勝を制覇した。そのホームで行われた15戦で、ティト・ビラノバの率いるチームは53得点12失点の記録を手にした。つまり、1試合平均3,53ゴールで1試合平均失点数は1を下回った計算になる (0,8)。

一方で2013/14年、タタ・マルティノが率いているバルサは、昨シーズンの見事な記録をキープしてる。  リーグ戦における最初の5試合で、20ゴールをマーク  (試合平均4得点) し、失点は 5 (試合平均1)だ。

上に戻る