fcb.portal.reset.password

Alegria per un gol contra el Valladolid. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

これで8勝目だ。バルサはバジャドリードを8節目に4-1で下し、最高の開幕記録を更に更新した。今回は、早い時間にバジャドリードが挑んできて先制点をマークし、連勝を危ぶませたが、その不安もすぐに去った。あっという間に同点弾が訪れたからだ。だが、自らの哲学を貫き、試合が決めるまで、後半を待たなければならなかった。 だが、その最後の45分間は、誰にも止められないネイマールを中心に、額に飾っておく価値がある後半戦となった。

アレクシスのスーパーゴールでドロー

ブスケッツとイニエスタは、休息し、今回、負傷したメッシのポジション、偽‘9番’に選ばれたのは、ネイマールだった。バルサは強気に試合をスタートした。バルサは支配し、攻撃的に攻めた。バルサのかけるプレスにバジャドリードは、居心地の悪さを感じていたが、前半10分、コーナーキックにヘディングで合わせたハビ・ゲラのゴールが先制点をバジャドリードにもたらした。そこから、ハーフタイムまで、試合は両者に開かれていた。バルサは技術的に優れていたために、チャンスを次々、膿だし、バルトラがまず、シュートを試した後、アレクシスがスーパーゴールで同点弾を叩き込んだ(前半13分)。そのエリア外からのポテンシャルの高いシュートは、カーブを描いてシュートに突き刺さった。

熱さを増す試合

バジャドリードは、はっきりとした考えをもって、スピーディで強気にカウンターアタックで攻めてきた。バルデスを試すためのスペースを見つけ出してきたが、バルサのセンターバックも、その攻撃を抑え、潰すのに十分なスピードを備えていた。バルサはわずかにコントロールを失ったが、攻撃チャンスは生み出汁続けていた。前半26分、セスクがスペースを見つけて、ネイマールに見事なパスを出したが、マリーニョが1対1になったゴールを救った。その直後、ネイマールは今夜の議題となる問題のプレーで主役になった。マリニョの前に一人だったネイマールをペニャが踏みつけた。そのファウルが罰されていれば、それはPKであり、バジャドリードのディフェンダーの退場があったことだろう。

ネイマールの'ショウ '

だが、そういった判定は下されず、カンプノウは憤っていた。ブーイングと抗議の白いハンカチが降られる中、空気が乱れたが、ハーフタイムを過ぎて、物事は少しずつ、もとのさやに納まっていった。バルサは、バジャドリードの敵地から動かず、ネイマールは51分に、もう、このあたりでいいだろうと決めた。林のごとく聳え立つ数多くの足をセンターから抜けて、左サイドのテジョにスペースを見出し、パスを出すと、そのパスを受けたテジョがセンタリングをチャビに送り、チャビがゴールに変えた。ネイマールは、ジグザグに抜けたり、ソンブレロで抜けたりとあらゆるテクニックを披露していた。チームはコンパクトながら強固であり、一方のバジャドリードはそれまでの努力のツケが現れてきていた。バルサは息つく暇を与えなかった。

享受の時

バルサは手を緩めず、テジョのポテンシャルの強いシュートがポストに炸裂した(63分) 。2ゴール目も絶好調のアレクシスが決めた。アシストは自由自在に出没するネイマールが決めた。その後、寛大なアレクシスが4-1のゴールをネイマールに譲った。ほぼ、目の前にあり、個人的に‘ハットトリック’をマークsうることもできたが、その道をとった。ボールはバルサのものだった。チャビが刻むリズムに全員が楽しんでのった。ペドロ、イニエスタ、ブスケッツ(ピケの位置でセンターバックとしてプレーした)が、モノローグとなった後半最後の方に入った(また、最後の方に再び、ネイマールを含む吹かれなかったPKがあった)。

リーグ戦はこのような形で止まり、代表戦の週に入る。バルサは8節目にして8勝を手に、クオリティの高い逆転劇を味わいながら、リーグ戦を休むことになる。

上に戻る