fcb.portal.reset.password

Leo Messi, durant el partit a Mestalla / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

今週の土曜日(16 時 , GolT、 Canal + Liga局).、カンプノウは花火が揚がる午後を過ごすことになる。FC バルセロナは、土曜日最初の試合をバレンシアを相手に、この大事な時期に戦う。リーグ戦は、かつていないほど、競争を増しており、国王杯準決勝は目の前に迫っている。チャンピオンズリーグも2週間以内に控えている。2月が来るというのは、シーズンの最も大事な時期が到来したことを意味している。

国王杯とローテーション

チームは楽観的にこの時期を迎えている。マルティノはほぼ全選手を好みで、リストに入れたり外したりできる状況にある。バレンシアとの対戦では、召集リストにアウベス、セルヒオ、チャビが復帰し、監督判断でレバンテ戦にスタメンだったモントヤ、プジョル、そのほか、アフェライ、クエンカが外れ、負傷により、オイエル、ドス・サントス、ネイマールJrが欠場する。

最近、行っているように少なくとも、スタメンは5,6人変わるだろうと予想される。バルデス、ピケ、ジョルディ・アルバ、メッシなどがスタメンになるだろうと目されているが、最終的な判断はマルティノのものだ。そのために18人召集している。

リニューアルしたバレンシア

ローテーションはバルセロナだけでなく、バレンシアでも行われるだろう。現在、リーグ戦で10おのバレンシアは、冬の移籍で大きく動き、グアルダド、カナレス、パボン、ポスティガを手放し、その一方でメスタージャに、ルベン・ベソ、バルガス、アラウホ、バルサの元選手ケイタがやってきた。最後の二人は、カンプノウの試合には召集されなかった。

もう一人、バルセロナに戻ってくるのは、フアン・アントニオ・ピツィだ。元バルサのアタッカーだった彼は、2013年の年末からバレンシアの手綱を率いることになった。現在まで、ベンチに座ってから一勝し、最近の5試合の内訳は、2分け1敗に国王杯でアトレティコ・デ・マドリード前に堂々と敗退という結果に終わっている。今日、カンプノウでサプライズをおこすつもりで、挑んでくるだろう。


上に戻る