fcb.portal.reset.password
アルメリア戦でのゴールを祝うプジョル

アルメリア戦でのゴールを祝うプジョル FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

83分まで、バルサはアルメリアを前に完全な勝利を確信できなかったが、最終的には試合は4-1という結果になった。実際は前半に電子掲示板のスコア(2-1)以上の結果を出すことができた。後半は前半の勢いに賭け、プジョルがゴールを決めて、試合を3-1にするまで、はっきりしない状況が続いた。マドリードダービーが2-2に終わった今、バルサは首位まで勝ち点1と迫った。

スタートは良かった。アレクシス・サンチェスは、すっかり、先制点をマークするスペシャリストになった。この試合でも、セスクがエステバンに放ったシュートのクリアボールを生かして、ゴールを決めた。バルサは右サイドからアウベスとアレクシスが攻め、アルメリアを苦しめた。

絶妙ゴール

レオ・メッシは、FK(前半24分)から得点し、再び、誰にもまねできないその実力を見せつけた。ボールは、外側からカーブを描いてエステバンの手に届かない場所に吸い込まれた。だが、バルサのモノローグは、対戦チームのCKによって破られた。戦術プレーから、ハーフタイム前に、アルメリアは試合を2-1にし、そのハーフタイムでのスコアは、理解しづらいものだった。バルサは、ネイマール、メッシ、アレクシスが良く動き、三名で攻撃を作り上げ、コンスタントに危険を生み出し続けた。

バルサのポゼッションは、78% まで上がり、前半だけで 14回、シュートを放った。後半はより効率的になったが、正確さに賭け、前半のリズムを取り返すのに苦労し、アルメリアもその隙をついて、バルデスのゴールを攻め始めた。再び、アクセルを踏む必要があった。前半は見事なチームワークを見せ、ネイマールは3点目を決められるチャンス(65分)もあった。後半も、メッシが決める寸前だったが、アルメリアのディフェンスがそれを阻んだ。

まるで、そのゴール嗅覚が脅迫されているかのように、メッシは再び、主役の座を手にした。イニエスタが79分にピッチに入り、中盤をコントロールした。プジョルがハートで3点目を決め、カンプノウのスタンドはプジョルコールであふれた。ようやく、一息ついたカンプノウに、チャビがエリア外からゴールを決めて、試合のラストを飾った。

上に戻る