fcb.portal.reset.password

前期戦でのペドロ / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

今週末、リーグ戦はまた、一つ、新しい展開を迎える。アトレティコ、バルサ、マドリードは、今週、再び、リーグ優勝争いを繰り広げる。バルサにとって最も大事なのは、再び、カンプノウでプレーできるということだ。ヘラルド・マルティノは、新たに勝ち点3をカンプノウにて獲得する必要がある。この日、エスパイ・バルサの提案が行われ、その投票がある。

カンプノウの将来をパラウ・ブラウグラナでソシオが決める間、FCバルセロナはリーグ戦最下位のベティスを迎え撃たなければならない。マルティノは19人の選手をベティス戦に召集し、その中にはカルラス・プジョルも含まれている。負傷のバルデス、ドス・サントス、ピケ、クエンカ、累積により、ジョルディ。アルバ、監督判断により、アフェライが欠場する。

また、ベティスサイドにも、多くの欠場者がいる。ガブリエル・カルデロンは、サルバ・セビージャ、マティージャ、チュリ、ディダック・ビラ、ノサ、ペルクイス、ナチョ、ベルドゥを数に入れることができないが、その一方で、センターバックのアマヤを取り戻した。また、召集リスト20人の中にユースの選手3人 (ペドロ、ヘスス・ムニョス、ダニ・セバジョス)が入った。

カンプノウでの試合は、バルサのタイトルの可能性とベティスの降格の可能性に大きく響くものとなる。両者とも勝利を必要としている。ここ数年のベティスとの試合は、常にゴールあふれるものとなっており、エキサイティングな試合になることは必須だ。

上に戻る