fcb.portal.reset.password

Messi i Neymar, contra la Reial Societat / FOTO: GERMÁN PARGA - FCB

タタ・マルティノのバルサは、バルサの守護聖人の日、メルセイの日に、レアル・ソシエダ戦で4-1と試合を制し、クラブ史に名を刻んだ。これでリー グ戦開幕から6連勝を達成。22分には、ネイマール、メッシ、ブスケッツがゴールを決めていた。一言でいえば、首位のクラブは試合の支配者であり、それを 試合中、知らしめた。ソシエダが1点を返したが、それがバルサを揺るがすことはなかった。

バルサのリサイタルに終わったものの、試合の最初の1分にセフェロビッチが最初の警告を発し、これが決まっていれば、バルサのこの日の状況は変わっていた かもしれなかった。また、バルサ側には、マスチェラーノー前半30分で退くことになったーが、ブスケッツと試合中に意図せずにぶつかる不運もあった。バル トラが代わって入ったが、バルサはコンパクトにまとまっており、レアル・ソシエダは、激しいバルサのプレスに苦しまされ、敵地に足を踏み入れることは殆ど できなかった。バルサの攻撃チャンスが、続いた。

リサイタル

左サイドから対戦相手を切り崩したネイマールは、傑出しており、それに非常に冴えたイニエスタとチャビとブスケッツが加わり、中盤はあぐらっしぶかつ支配 者であり、それ余りにも明らかだった。 早い時点でネイマールが先制点をマークした、GKブラボとチームメートのカダムロ(前半4分)の不正確なパスが致命傷になった。その直後、ネイマール自身 が左サイドから、優美にディフェンダーを二人抜くと、メッシにセンタリングを送り、メッシがヘディングシュートでそのパスをゴールネットに突き刺した  (9分)。2点目を決めて、バルサは攻撃マシンと化した。 逆に、レアル・ソシエダは非常に苦しまされることになった。更に22分、対戦チームのキャプテン、チャビ・プリエトが負傷し、そのかわりに野心にあふれる アギレチェが入った。

続けて、ブスケッツがエリア外から左に向かってシュートを放ち、試合を3-0にした。メッシのプレーからつながって、ブスケッツが決めたゴールだった。バ ルサはチームプレー面で、完璧に機能していた。カンプノウはゴールチャンスを楽しみ、チームは甘い感触を味わった。サポーターは、ビクトル・バルデスのこ とも忘れることはなかった。 バルデスの名前が何度もスタジアムに響いた。最近の試合で決定的な働きを続けていたバルデスだが、それに比べると比較的、落ち着いた試合をこなしていた。 とはいえ、バルサは手を緩めなかった。ひだすら、ソシエダの陣地でプレーし続け、後半が始まっても、メッシとネイマールは執拗に攻撃を続けた。

成熟したリアクション

カンプノウのアニバーサリーに招待されたレアル・ソシエダは、63分にデ・ラ・ベジャのゴールで点差を縮めた。バルサのメンタル面の強さを試されていたのは明らかだった。タタ・マルティノの指揮下の選手達は、3-1の状況を急ぐことなく、必要以上にリスクを犯さずに扱った。最初に比べ、疲れが襲ってきており、対戦相手はモラル的に建て直し、カウンターアタックを狙ってきた。グリスマンが指揮を執った。だが、イニシアティブは以前としてバルサが握っていた。

そして75分、バルトラがまるでアタッカーさながらに、メッシの千あtリングを受けて、パスをゴールに押し込み、試合を4-1にした時点で、全ての不確定要素が消え去った。そこからは、既に道は敷かれていたも同じだった。マルティノはネイマールとメッシ自身にも、休息を与えた。唯一、残ったアタッカーはアレクシスで、最後にゴールを決めるに値するプレーを見せたが、最終的にそのシュートは、ポストに弾けた。

上に戻る