fcb.portal.reset.password

Jordi Alba s'escapa de Jesús Navas en una acció del partit d'anada. / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナは、今週の水曜日 (20時45分, 日本時間・木曜日4時45分) 、第一レグ(0-2)で試合を制した後、チャンピオンズリーグの16強第二戦を戦う。もし、進出を果たせば、バルサは7回連続でベスト8に進出を果たすことになる。続けてこの試合の興味深いデータを紹介する。

  • マンチェスターシティがカンプノウで公式戦を行なうのは初めてだ。以前、二回の親善試合は行っている。

  • 最初は1974年で、クラブの75周年記念の試合であり、 試合は最終的にバルサの勝利(3-2)に終わった。また、 2試合目は、2009年のガンペル杯(0-1)だった。ラス・コルツでも1952 年、 1957年にプレーしており、バルサが5-1、3-2で勝利を収めている。

  • FC バルセロナは、この試合に0-2で第一戦を制した状態で向かうが、この結果を欧州で出した時、バルサが第二レグで進出できなかったことはなく、カンプノウで負けたこともない。

  • もし、この統計どおりになれば、バルサは7回目のベスト8連続出場を果たすことになる。

  • 'シチズン' は、チャンピオンズリーグで16強進出するのが初めて。欧州大会では、5回、イベリア半島で戦っており、その内訳は1勝1分け3敗だ。

  • 逆にバルサは、イギリスのチームと27回対戦しており、その内訳は、15勝10分け2敗だ。

  • これらの数値は、 イギリスのチーム を相手にホームとして戦った場合であり、メッシは例えば8ゴールをも決めている。バルサの‘10番’は、試合の第一レグでも先制点を決めており、今週の水曜日に再び、その記録を伸ばせる可能性がある。


  • マンチェスターシティの第二監督が、謹慎処分を受けたマヌエル・ペレグリーニの代わりに指揮を取る。ペレグリーニは、バルサを相手に22回対戦しており、その内訳は4勝4分け14敗だ。

上に戻る