fcb.portal.reset.password

Messi i Xavi, parlant en un partit. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

今週の日曜日、マラガとの対戦はクラブ上の動きと多くの会見が行われる中、主役の座を追いやられることになった。木曜日、シウダ・デ・バレンシアで行われた国王杯の試合で1-4と勝利を収めた後、サンドロ・ロセイがクラブの最高責任者の役職の辞表を出したためだ。今日、スタジアムの会長席には、ジョセップ・マリア・バルトメウが座ることになる。

だが、再び、ボールが話す時が来た。チームはリーグ戦の首位を賭けてマラガの前に戦う。レバンテのピッチではドロー(1-1)に終わり、昨日、マドリードが勝利をあげた後では、ミスは許されない状況にある。

召集リストに新顔

ヘラルド・マルティノは、18人の召集リストに多くの新風を吹き込んだ。イニエスタ、プジョル、ソング、モントヤが欠場し、それにネイマールJr、ドス・サントス、オイエルの負傷者を加えなければならない。その中での朗報は、医師からの了承を受け、リストに入ったイブライム・アフェライだ。また、バルサBからジーン・マリア・ドンゴウも前回に引き続き、召集リストに入った。

リストに入った中に、チャビ・エルナンデスもいる。試合前に、バルサのミッドフィルダーは、バルサのユニフォームを着て公式700試合目を迎えたことを 表彰される。

無得点のマラガ、危険な状況

一方のマラガは、追い込まれた状況でカンプノウにやってくる。降格ゾーンまであと勝ち点2という位置にいる。ベルナン・シュスターの率いるチームは、2014年になってから無得点だ。三週間で1分け2敗の結果を手にしている。

上に戻る