fcb.portal.reset.password

Eufòria contra el Llevant. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

余りにも出来過ぎたスタートだった。タタ・マルティノが率いたバルサのリーグ開幕戦前半戦は、芸術作品だった。チームは、マルティノが公言していたコンセプトを見事に体現してみせた。それが、ボールコントロールであり、高い位置からのプレスであり、速いボール回しであり、スピーディなボール回しであり、ボールを縦横に奪い返すスタイルだった。レバンテは、カンプノウで25分の時点で、4-0と支配され、その差を見せつけられるだけでなく、最終的にハーフタイムの時点で歴史的な6-0という大量ゴールを決められる結果に終わった。

センセーショナル

試合はバルサのモノローグであり、比較するのは、難しかった。スペクタクルな試合内容と効果的なプレーのコンビネーションを披露した試合前半は、完璧といってもよかった。試合開始2分から、マスチェラーノ、ペドロ、チャビ、セスク、アレクシスがワンタッチでボールを回し、誰がゴールを決めるかなと賭けながら、最終的にアレクシスが先制点をマークしてみせ、レバンテのゾーンでのみ、プレーしていた。  レバンテのポゼッションは殆ど、続かず、バルサは攻撃的に守り、ラインを崩すこともなかった。11分、ブスケッツ、アウベス、メッシ、ペドロラインが再び、2点目を生み出した。

メッシが噛みつき、セスクがライン間に地雷を落とし続けた。両者に第三の選手が絡み、アウベスの作品 (23分)が生まれた。続けて、メッシはペドロに道を開き、ケイロール・ナバスを絶望に陥れた。レバンテのGKは、メッシのファンタスティックなプレー、チャビのファウルの前に強いライトを照らしつけられたような状態だった。休む暇なく、シュートが繰り出され、それに応える姿は健気かつ、敬意に値するものだった。41分、アドリアーノが受けたPKをメッシがゴールに変えた。ハーフタイム前、チャビがデビュー15周年を祈念するゴールを決め、6-0の前半が終わった。まさにスキャンダルだった。

ネイマール+1ゴール

後半はもっと落ち着いて始まったが、軽々と試合を支配できているのは同じだった。例えば、ピケは二度の攻撃チャンスを手にした。レバンテは、誇りを胸に守った。61分、アドリアーノが二回に渡り、攻撃を仕掛けた後、ネイマールがピッチに立った。他の代表選手同様、イニエスタ、アルバ、テジョもネイマールと共に、スタメンでプレーしてなかった。ネイマールがピッチに立った時の、カンプノウの拍手と歓声は、素晴らしいものだった。同じ拍手がメッシがピッチを去り、イニエスタが入った時も起きた(70分)。

シーズン最初であり、フィジカル的な状況もありながら、タタ・マルティノの率いるチームは、攻撃することを辞めなかった。しかしながら、7-0は、レバンテの理解不能なミスから生まれた。セスクは、レバンテのディフェンダーのミスボールを利用し、ペドロが、既に消耗していたナバスのゴールに押し込んだ(72分)。

歓喜に沸いたカンプノウは、ウェーブを始めた。デビューしたネイマールも、左サイドから、キレのあるプレーをみせ、リーグデビュー戦としては、これ以上はないという好感触を残した。この先に期待が持てることは確実だ。

上に戻る