fcb.portal.reset.password

El Barça lidera moltes de les estadístiques de la Lliga

アトレティコ・デ・マドリードと首位を分け合っているFCバルセロナだが、 大会の統計ランキングでは、殆どで首位を走っている。その中でも重要なものをチェックしてみよう。

ポゼッションで首位: ボールポゼッションは 68,21%と、この統計でFC バルセロナ は、優勢だ。バルサに続くのは、ラヨ・バジェカーノ (62,89%)、レアル・マドリード (61,93%) 、セルタ・デ・ビゴ (53,33%)だ。


ゴールで首位: リーグ戦8節目で28ゴールをマークし、1部で最高記録を作っている。続くのは、アトレティコ・デ・マドリード  (21ゴール) 、レアルマドリード (17) だ。


ゴールへのシュートで首位: 72 回、バルサは今季のリーグ開幕でシュートを放っている。続くのは、レアルマドリード (61) と アトレティコ (54)だ。 シュート全体では、116回でバルサが二位、その手間にはマドリード(129)がいるが、得点能力はバルサより低い。


カードを受けた数の少なさで首位: バルサは1部で最もカードを受けていないチームだ。イエローカードは11回、レッドカードは皆無だ。その真逆にいるのが、セビージャ(イエロー30枚)、ラヨ・バジェカーノ(レッドカード3枚) だ。タタ・マルティノの率いている選手は、リーグ戦でファウルを犯した数も少なく(93)、それを超えるのはアスレティック・クラブ (80)だ。その一方で、最もファウルを受けているチームランキングでは、2位 (127)であり、 ビジャレアル (128)より、一回、少ない。

チャビ、パスの精度で首位: トップチームの選手で、最もパスを通しているのは、639回通しているチャビ・エルナンデスだ。それより、50回少ないのが、元バルサの選手、トラショラス(ラヨ)だ。このランキングの3位は、ジェラルド・ピケ(465) 、5位は アンドレス・イニエスタ(437)だ。 チャビの精度は非常に高く、かつ、効率的だ。その偉大な数字は、チャビが試すパスの93,3%が正確なパスであることを証明している。

上に戻る