fcb.portal.reset.password

Alexis celebra el gol contra l'Espanyol / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

カタルーニャの伝統、栗祭りやパナジェッツ(この季節の典型的なお菓子)にハロウィーン仮装が終わった後に待っていたのは、FCバルセロナがエスパニョールと戦うダービー戦での 努力の末の勝利だった。ネイマールJrのアシストと今季の開幕から、天使がついているアレクシス・サンチェスのゴールが、試合を決めた。チリ人アタッカーは、クラシコそして火曜日のビゴの試合でも、決定的な活躍をみせた。今回、金曜日に行なわれたダービー戦でも、それが繰り返された。アレクシスのおかげで、バルサの情熱的かつ効率的な試合が、再び、リーグ戦での勝ち点3を得た。 これで全勝ち点36点中34点を手にしたことになる。

アウベスと言う名の危険
前半、望みながらも決められないという状態が続いたFCバルセロナだったが、ピッチのどの位置でも優位にたっており、ポゼッションを支配していた。タタ・マルティノの率いるチームは、ハビエル・アギレがデザインしたディフェンスの壁に何度となく、ぶつかった。それぞれのラインを狭め、カウンターを待つエスパニョールが、唯一、打ち破ろうとしたのは、左サイドだったが、アウベスによって均衡を崩され、また、アウベスは比較的、楽々と最終ラインまでたどり着いた。だが、その最終ラインで、チームメートとうまく結びつけず、本当に意味での危険を生み出すことができなかった。ラストパスに欠けた。

いつもバルデス

そのブラジル人サイドバックは、その後、攻守両方のエリアで主役となった。最初は自営で、バルデスとうまく意思の疎通ができず、元バルサの選手、ビクトル・サンチェスに危うく得点を許す寸前だった。いつも通り、慎重で決定的な働きをするバルデスが、再び、そのセーブでチームを救った。その後、アウベスがエリア外から1-0寸前のシュートを放ったが、そのシュートはカシージャが守るポストに弾けた。スコアレスドローのまま、ハーフタイムになった。

カシージャが1点目をセーブ

後半が始まり、バルサは先制点を探して、前半よりも動きが機敏になった。 アレクシスとメッシのヘディングシュートは、奇跡的にカシージャに阻まれた。ネイマールJrがエリア外から放ったシュートも、ゴール目前だったにも関わらず、入らなかった。

蓋をあけたアレクシス

ゴール前でのアンラッキーが終わったのは、67分だった。ネイマールJrの見事なアシストーラウル・ロドリゲスとシドネイを続けてトンネルで抜いた後のーが、アレクシス・サンチェスの先制点を生み出した。ライバルにとっては、致命的なコネクションといえる。この二人がクラシコも解決したのだから。

ゴールを決めることを余儀なくされたエスパニョールは、試合終了まで後20分という時点で、ラインをあげた。試合はまだ、開かれており、どちらのチームにとっても、1-0の結果を覆す可能性が残されていたが、最終的には、このスコアが変わることはなかった。バルサのベストバージョンではなかったにしても、ライバルよりもずっと多くの提案をしてみせたバルサが手にした正当な勝利だった。

上に戻る
_satellite.pageBottom();