fcb.portal.reset.password

Alexis celebra el segon dels seus tres gols contra l'Elx / FOTO: GERMÁN PARGA-FCB

FCバルセロナは、2014年を2013年のクローズと同じようにスタートした。対戦相手に大量ゴールを決めたのだ。今週の日曜日は、とはいえ、ヘタフェ戦のように逆転する必要はなかった。エルチェ戦は、アレクシスとペドロのゴールのおかげで、最初の15分で決まった。さらに後半、アレクシスが2点決め、王様に化けた。まるで、子どもたちにプレゼントをもってくる東方の三博士が、チリからやってきたからのようだった。

この勝利でFCバルセロナは、マラガで勝ったアトレティコ・デ・マドリード(0-1)に応えてみせて、リーグ戦での首位をキープした。勝ち点49で、ゴール数では5の差をつけて、来週末にアトレティコ・デ・マドリードと対戦することになる。

早道

だが、最初に攻撃してきたのは、エルチェだった。バルサは集中し。前半7分にアレクシスが先制点をマークした。前半15分にはセスクの見事なアシストを生かしたペドロが2点目を決めた。

モノローグ

2-0は、カンプノウで、互角に戦おうと意気込んできたエルチェにとって冷水をかぶせられたようなものだった。 バルサの正確なプレーに中盤のソングの働きがすべての攻撃の選手の仕事を楽にした。実際、ペドロ、イニエスタ、チャビは、ハーフタイム前に3点目を決めてもおかしくないチャンスを手にしていた。

生かせなかったPK

バルサのモノローグは、後半も続いた。後半が始まった途端にペドロがサプナルによるエリア内のファウルからPKを招いたが、それを蹴ったチャビのシュートは枠をそれてしまった。その少しあと、‘6番’は交代したが、カンプノウは惜しみない拍手をチャビに送った。彼が交代する前にバルサは3点目を決める時間があった。それはエルチェのディフェンダー全員を抜き去ったイニエスタが起点となり、ペドロが反対側にいたアレクシスにそのボールをパスするだけで、すべてのおぜん立てはすんだ。

アレクシス、爆発

これがアレクシス最後のゴールになることはないだろう。とりわけ、今年のスタートを見る限りは。見事なフリーキックーボティアがアレクシス自身に犯したファウルからーを正面から放ち、試合を4-0にし、バルサの選手として初めてハットトリックを決めた。カンプノウは、‘9番’の前にひざまずいた。彼はエルチェ戦での完全なる主役だった。その後、セルジ・ロベルト、テジョ、ネイマールがピッチに立った。レイジェス(東方の三博士が来てプレゼントをもたらす日)が来る前の完璧な試合だった。ビセンテ・カルデロンを訪ねる日は、目前だ。

 

上に戻る