fcb.portal.reset.password
レオ・メッシ

レオ・メッシ/ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

バルサは今週の日曜日の午後、カンプノウでリーグ戦の鍵になる試合をオサスナを相手に戦う(17時) マドリードが前日、ロサレダで勝利を手にしたために、首位から現在、7点差となった今、ミスは許されない。チームは、チャンピオンズリーグで素晴らしい試合を行ない、マンチェスターシティを制してベスト8進出を決めたばかりだ。だが、その1週間前には、バジャドリードでリーグ戦の試合を落としている。

‘10’番に注目

今日、レオ・メッシは大きな主役となる算段が高い。水曜日にバルサでの368ゴール目を決めたメッシは、もし、後、1得点を決めたら、バルサ史における最多得点王、パウリーノ・アルカンタラの記録と並ぶのだ。これは、公式戦に限った数字だ。

メッシは、タタ・マルティノが召集した18人のうちの一人だが、一方で、プジョルとピケは違和感を抱えており、リストに入らず、また、監督判断によりセルジ・ロベルト、アフェライ、オイエル、負傷により、クエンカとドス・サントスがリストから外れた。

一方のオサスナは、降格ゾーンまで勝ち点3の余裕をもって、カンプノウにやってくる。元バルサの選手のオリオル・リエラが攻撃の軸だが、エル・サダルから遠くでゴールを決めるのに苦労している状況もある。

上に戻る