fcb.portal.reset.password

メッシ対アトレティコ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

 'D' デーは、今日、2014年5月16日だ。サッカースケジュールと運命は、カンプノウで行なわれる今日の1試合で決められることになった。バルサが勝てば、23回目のリーグ優勝を達成することになる。一方、ドロー或いは黒星はアトレティコにタイトルを与えることになる。この信じられない組み合わせは、最後の勝ち点6のうち、2点しかあげられなかったにもかかわらず、バルサが殆ど奇跡的に手に入れたものだ。そして、今、可能性はバルサの掌中にある。

サポーターに支えられるカンプノウ

とはいえ、バルサは、カンプノウというファクターを手にしており、鍵にもなる決定的なメリットを手にしている。スタジアムは、かつてないほど試合に向けての準備が戸との手tいる。試合前には、モザイクがスタジアム全体に作られる。魔法のような午後が期待されている。最後の瞬間に3リーグが続けて手に入った有名な90年代の時のように。

今回の試合は、だからこそ、ファイナルの空気にあふれている。ハードな練習を終え、ジェラルド・ピケ、ジョルディ・アルバ、ネイマールJr は、医師からのOKを貰い、召集リストに復帰した。負傷しているビクトル・バルデスを除き、全員が招集され、今季、5回対戦し、一度も勝利をあげられていないアトレティコ・デ・マドリードの前で、戦う。アトレティコとの試合は常に石橋をわたるような、ゴール数の少ない試合になるのが常だ。また、プレースタイルのぶつかり合いでもある。

二回ファイナルがあるアトレティコ

一方、アトレティコは最近の中で、最も重要な二試合が目の前に控えている。今日はカンプノウでリーグ戦を賭けて戦い、来週の土曜日は、リスボンで行なわれるチャンピオンズリーグの決勝でデビューするのだ。チョロ・シメオネの率いる選手達は、2週前にリーグ戦を決める機会があったにもかかわらず、それを逃している。18年ぶりのリーグタイトルを持ち上げるためには、今日の試合は落とすことはできない。

バルサのスタジアムは、シメオネが全てを投げ出すことに疑問を抱いている者はいない。シメオネ自身、攻撃の要であるディエゴ・コスタが最後の週、負傷気味だったにもかかわらず、今日の午後、この心臓破りの試合において、スタメンでプレーすることを明かしている。栄光は、今日、この二者のどちらかの手に渡ることになる。


上に戻る