fcb.portal.reset.password

試合中のメッシ/ FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナはリーグ優勝を信じている。今週の日曜日、最近の敗戦後に、最終試験を再び、通過した。アスレティック・クラブが50分にアドゥリスのゴールで先制したにもかかわらず、ゴールに嫌われているかのように見えた試合で、逆転し、2-1で制した。バルサは何度となく明らかなチャンスを手にしながら、得点に結びつけることができないミスを犯したが、ペドロが71分にその逆境を破り、続けてメッシが追加点をマークし、バルサは勝利をあげ、タイトル争い参戦に火を注いだ。

ゴールに嫌われ

カンプノウでの相手の困難度は、他のライバルと大差Lなかった。FCバルセロナは、最近、喫した失望を乗り越え、また、鍵となる選手が欠けている状況にもかかわらず、それを乗り越えて、リーグ戦でも屈指のディフェンスを手にし、また、アウェーでも強いアスレティック・クラブに打ち勝つ必要があった。

ヘラルド・マルティノ率いる選手達は、良いスタートを切った。強度を要求してきたビルバオに対し、バルサはクオリティの高いサッカーで応えた。ボールはトライアングルに高速で回され、チャンスは次々と訪れた。ペドロとメッシは、ゴルカの前に1対1になるもゴールを崩せず、また、バルサの‘10番’がゴールを取り消されるシーンもあった。また、アドリアーノも先制点を決める寸前だったが、バレンシアガがゴール下でそれを防いだ。

両チームのポスト

アドゥリスが今節のゴールを生み出した時、バルサは先制しているのにふさわしい状況にあった。エリアの心臓部から切り込まれ、ピントの左ポストに弾けたボールはスサエタが素早くシュートしたものの、バルサの返答も思いがけないもので、ピントが救った。また、アレクシスは明確なゴールチャンスを得たが、ポストに弾けた。両者とも、説明不可解なまでに点が入らないまま、スコアレスドローでハーフタイムを迎えた。

アドゥリスのゴール

前半、入りたがらなかったゴールが後半にゴールに吸い込まれるまで、5分しかかからなかった。それを決めたのは、アスレティック・クラブのアドゥリスだった。55分から、バルサは再び、試合の手綱を握ったが、それは驚くべきものだった。しかし、ゴルカが再び、ペドロやメッシが繰り出すシュートを防ぎ、ほんの数センチメートル差で、バルサの得点は入らなかった。

4分間で0-1 から2-1

何度となく、執拗にゴールを狙うバルサに対して、幸運の女神が背を向けていたのは明kだった。だが、71分、とうとう、努力にふさわしい褒章が訪れた。アウベスの見事な右サイドからの個人プレーがアレクシスのシュートにつながり、その方向をペドロが変えてゴールに押し込んだ。1点目が決まると同じ勢いで2点目も決まった。その3分後、メッシが放ったFKがゴールで爆発した。この時ばかりはゴルカも何もできなかった。メッシのシュートは暴力的な強さでゴルカのゴールを破った。

スコアをひっくり返した後、バルサが試合終了までに驚かされたのは、唯一、ミケル・リコが内側からエリアに入り込み、そのギリギリラインのシュートをハビエル・マスチェラーノが防いだ時だった。マスチェラーノはその寸前、自ら、試合を3-1にする機会があったが、最終的に」電光掲示板はもう、変わることはなく、バルサのサポーターは、すごい試合を見たとの感触を手に、カンプノウを去った。

上に戻る