fcb.portal.reset.password

 

FC バルセロナは、既にマドリードに入った。今夜20時からラヨ・バジェカーノとリーグ戦5節目を戦うためだ。チームは、最後にアウェーで戦ったバレンシア戦から20日ぶりに遠征を行なった。招集された選手は、19人。それにコーチスタッフが加わり、バラハス空港に11時半に到着した。

また、副会長のジョルディ。カルドネル、フロントの ジョルディ・モイシュ、ピラール・ギノバルトも、アンドニ・スビサレタ強化担当ディレクターと共に、遠征に帯同した。

タタ・マルティノ、マドリードで待ち受ける

タタ・マルティノは、アヤックスとの対戦を終えた後、逝去した父親の葬儀に出席するため、アルゼンチンまで行ったが、バルセロナからチームが出発した時は、既にマドリードに一足早く入っていた。マルティノ監督は、選手が休むホテルで全員を待ち受けた。そこで、バジェカスのスタジアムに向かう前に、選手は体を休める予定だ。


上に戻る