fcb.portal.reset.password

Messi celebra un dels seus tres gols / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナは、ヨーロッパでいいスタートを切った。 レオ・メッシのハットトリックとジェラルド・ピケのゴールがグループリーグ最初の試合で、明白な勝利を与えた。 勇敢に戦い、そのプレースタイルは敬意に値するものだったアヤックスだったが、 カンプノウで徐々に力を増していったバルサを前に、手も足も出すことができなかった。バルサは、ゴールをマークすることを引き受けたメッシとゴールをマークさせないことを引き受けたバルデスが音頭をとった。バルデスは、再び、見事な活躍を見せ、1-1になるのを防ぎ、その後はPKを止めて、スコアを4-0に保った。

このような形でチャンピオンズをスタートしたバルサは、4-0 の結果を手にグループ内首位となった。勝ち点では、サン・シロでセルティックを2-0と倒したAC ミランと並んでいる。次の試合は、スコットランドで行われるが、そこは1年前にバルサが負けを喫した場所でもある(2-1)。

二つのチーム、一つのコンセプト

  試合の最初から、ピッチには同じプレースタイルを持った二つのチームが見られた。この舞台を恐れるチームはなかった。アヤックスはバルサと同じコンセプトを実際に用いた。 ボール出しではリスクを犯し、ポゼッションサッカーと相手のディフェンスにかける強いプレスなどで攻め、バルサは通常では余り見られない、状況に追い込まれた。バルサのスタジアムで、今回のアヤックスのようなプレースタイルで臨んでくるチームはめったにないからだ。

メッシが均衡を破る

快適にプレーできるという状況とは程遠かったが、 最初の好機がタタ・マルティノのチームに訪れた。ネイマール Jrは、何度となく、フェルメールのゴールを脅かしたが、ゴールを割ることはなかった。 その役割を担ったのは、メッシでなければならなかった。メッシ本人がエリアの前で誘発したファウルから、フリーキックを放ったメッシは、そのミサイルをゴールに突き刺し、FCバルセロナに1-0をもたらした。

そのゴールはアヤックスを動揺させることはなかった。前半が終わるまでに、同点に追いつくチャンスが二回あったが、キレのよかった バルデスフアン・ラインとドゥアルテが生み出したゴールチャンスを二度に渡ってセーブした。また、ネイマールJr もハーフタイム前にゴールをかすった。

'10' 番が 片をつける

後半の途中からは全く異なった様相をみせた。アヤックスは前半のようにボールをキープできなくなり、 バルサに何度となくボールを奪われるようになった。あっという間に、絵に描いたようなカウンターが、ブスケッツから始まり、メッシの足元から2-0が生まれた。 これで十分でなかったら、とばかりに、その4分後にピケが追加点を決めた。ネイマールの完璧なセンタリングに合わせて、ピケが仕上げた。一つだけはっきりしていたのは、最後まで苦しむことはないということだった。

更にバルデス

それどころか、その逆だった。 更に二回に渡って、魔法のような瞬間がプレゼントされた。最初は、レオ・メッシのハットトリックが決まった4-0の瞬間だった。 エリア内で決める前の、バルサのプレスの賜物だった。もう一つの瞬間は、ビクトル・バルデスがマスチェラーノが誘発した結果、シグトルソンが蹴ったPKを止めた時だった。殆ど完璧ともいえるバルサのヨーロッパにおける開幕戦は、このような形で幕を閉じた。

上に戻る