fcb.portal.reset.password
Milestone in Europe for FC Barcelona

欧州で500試合目

FCバルセロナは、 水曜日にACミランと戦った試合で、欧州大会の参戦数、500試合目を記録した。バルサは、欧州デビューを果たしてから64年経って、この歴史的な目標を達成することになった。バルサが最初に欧州大会に参戦したのは、1949年6月26日のラティーナ杯準決勝だった。試合は、フランスのクラブチーム、スタデ・レイムスを相手に行なわれ、バルサは試合を5-0で制した。試合の先制点は、ジョセップ・セゲル (1923年 パレッツ・デル・バジェス) が決めて、欧州クラブ史上初得点選手となった。

欧州17 タイトル
この500戦を通して、バルサは欧州で 17 回、タイトルを制覇している。そのうち、4回がチャンピオンズリーグだ。最初の欧州タイトルを獲得したのは、1948-49年のラティーナ杯であり、決勝でスポルティング・デ・リスボンを2-1で破っている。試合は、スペイン、フランス、イタリア、ポルトガルから参戦したチームで行われた。

17 トロフィー:
• 4 チャンピオンズリーグ: 1991-92, 2005-06, 2008-09, 2011-12
• 4 欧州スーパー杯: 1992-93, 1997-98, 2009-10, 2011/12
• 4 ヨーロッパウイナーズカップ: 1978-79, 1981-82, 1988-89 , 1996-97
• 3 フェリアス杯: 1957-58, 1959-60, 1965-66
• 2 ラティーナス杯: 1948-49, 1951-52

ポジティブな内訳

全試合総計で、FCバルセロナは、277 試合で勝利をあげ (55,4%)、 116試合で引き分け (23,2%) 、107試合で負け (21,4%)を喫している。チャンピオンズリーグに限れば、全体の半分以上、142試合で勝利をあげており、その勝率は全体の57,03%にあたる。

この内訳は、ゴールにもあらわれており、チーム は全体で979ゴールをマークし、1試合平均1,96ゴールを決めている計算となる。逆に失点は、試合平均1ゴールをわずかに超えている (1,02)。

 


上に戻る