fcb.portal.reset.password

Messi ha fet dos gols contra l'AC Milan / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

レオ・メッシはたどるべき道を知っている。 水曜日の夜、ACミランを相手にカンプノウで、最初は先制点を次は試合を決定的するゴールを2得点決めて、FCバルセロナをベスト16に導いた。1点目はPKだった。二点目は、セスクとのコンビネーションプレーだった。その2ゴールにブスケッツのゴールが加わった。チームは、ミランを前にその優位性を見せつけ、ミランが点差を縮めるために唯一決めたゴールは、ピケがハーフタイム前に入れたオウンゴールのみだった。、

こうして、マルティノのチームは、勝ち点3を更に手にして、数字上、16強進出を確定した。グループ内首位の座もほぼ手にしている。ACミランとは勝ち点5点差であり、黒星にもかかわらず、2位についている。

ペナルティそしてゴール

マシミリアノ・アレグリは、記者会見で話していたとおり。規律だったディフェンスを軸にした試合を展開した。9人から10人の選手で守り、ピッチの最終ライン三分の一のゾーンから、離れることはなかった AC ミランは試合の開始から、厚顔なまでにFCバルセロナを待ち受けた。サン・シロの時と同じだった。バルサはゴールチャンスを生み出すためのスペースを見つけるのに苦労させられた。ミランは、余りといえば余りにもディフェンシブに守り、自営から出ることは殆どなかった。

バルサはゴールに近付いた。チャンスは明白ではなかったが、コンスタントにチャンスを手にした。そのうちの一回は、イニエスタの見事なアシストをネイマールJrが受けて、最終的にアバテがエリア内のネイマールにファウルを犯して、止めざるを得なくなった。メッシがそのPKを沈めてゴールに変えた。先制点の1-0になった。

ブスケッツが2-0に

メッシのゴールの後、試合は殆ど変らなかった。アビアティは殆どアレクシスのゴールを許す寸前だった。チームの指揮を執ったチャビとイニエスタによって生み出されたバルサのプレスは効果的だった。相手のバランスを崩すのはネイマールJrが請け負ったが、再び、多くのファウルを受けて、最終的にはゴールが決まった。次にファウルを蹴ったのはチャビでそれをヘディングで決めたのは、ブスケッツだった。

ピケの不運

バルサの前半は、順調に終わるかと思われたが、ハーフタイムの前にあった最後のプレーで不運な出来事が起きた。カカが左サイドから攻撃し、センタリングシュートを繰り出したものをピケがクリアしようとし、そのクリアボールがゴールに吸い込まれてしまった。ACミランは何もすることなく、点差を縮めることになった。

更なるチャンス、減少した効率

後半、バロテッリがピッチに入った。バロッテリとカカがミランのリーダーシップをとり、以前より、野心をみせた。だが、その分、ディフェンスは寛大になり、シュートのシーソーゲームが始まり、両者のゴールどちらにボールが吸い込まれてもおかしくない状況だったが、最終的にそれは起きなかった。

最後を決めたのはメッシ

コントロールを失った時間があったものの、バルサは再び、試合のコントロールを取り戻した。イニエスタはアビアッティに迫り、ネイマールJrは4人のディフェンダーを置き去り、カンプノウでゴールを決める寸前だったが、シュートは枠の上を超えてしまった。また、アレクシスにも3-1を決めるチャンスがあったが、最終的に、もうこれでいいだろうと試合終了の5分前に決めたのはメッシだった。メッシは、イニエスタの代わりに入ったセスクからのパスを受けて、試合と16強進出を決めた。ベスト16の舞台に再び、バルサが戻ってくる。

上に戻る