fcb.portal.reset.password

カルラス・プジョル

La despedida de Puyol, el próximo jueves 15.

El dijous 15, acte de comiat de Puyol

来週の木曜日、5月15日13時半から、カンプノウに隣接しているAuditorio 1899で、カルラス・プジョルがFCバルセロナの選手としてお別れするイベントが行なわれる。イベントには、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長ほか、フロント、トップチームの選手やコーチスタッフ、クラブ関係者、友人、家族その他の参列者が出席する。

カルラス・プジョルは、ボブラ・デ・セグルにてサッカー選手としての一歩を踏み出した。年を重ねるにつれ、頭角を表すようになり、1995/96年にバルサの下部組織に入団し、 ラ・マシアに居住した。バルサBでは中心的柱となり、1999年10月2日に夢だったトップチームデビューを現実にした。 

バルサで手にした最初のタイトルは、 2004/05年 で、カンプノウでキャプテンとしてリーグ優勝を果たした。その翌年、2005/06年には、リーグ優勝と初めての欧州杯をパリで手にした。合計で、キャプテンは、リーグ優勝6回、UEFAチャンピオンズリーグ3回、国王は胃2回、欧州スーパー杯2回、スペインスーパー杯6回、クラブワールドカップ2回を制覇している。また、スペイン代表と共に、ワールドカップ1回、ユーロ1回、2000年のオリンピックで銀メダルも獲得している。 


上に戻る