fcb.portal.reset.password

Jonathan dos Santos, abandonant el terreny de joc / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

ジョナサン・ドス・サントス が午後のトップチームとの練習中に、右膝前十字靭帯を負傷した。 これからの数日間で、関節鏡検査を行ない、回復までの時間がわかる見込みだ。メキシコ人選手は、トップチームの一員として2年目を迎えており、今年はリーグ戦で3試合(バレンシア、ラヨ・バジェカーノ、アルメリア戦)に参戦した。ドス・サントスは、FCバルセロナのトップチームに2009年10月28日、国王杯の試合でクルトゥラル・レオネサを相手に、セイドウ・ケイタと交代して、79分にデビューした。その一か月後、09年11月24日には、インテル・デ・ミランとの対戦で、チャンピオンズリーグデビューも果たした。

その一方で、ヘラルド・ピケ は、ミランの試合を左足のハムストリングに違和感を感じて終えた。この水曜日に行なった検査の結果、その場所に筋肉疲労を起こしていることがわかった。ピケは、個人で特別練習を木曜日に行ない、金曜日からグループ練習に加わる予定だ。

クラシコを念頭に最初の練習

ミランを相手にスタメンだった選手達は、回復トレーニングを行ない、逆にそれ以外の選手は、マドリード戦に向けてのトレーニングを行なった。練習にはバルサBのGKアドリア・オルトラが加わった。

後、2セッション

シウダ・デポルティーバ(練習場)では、今週の木曜日、再び、トップチームの練習が行われる。シャットアウト練習で、スタートは午前11時だ。その後、記者会見には、キャプテンのカルラス・プジョルが現れる。クラシコの前日である金曜日は、練習はカンプノウで行われる。タタ・マルティノの率いる選手らは、午後7時から練習を行ない、その後は、プリンセサ・ソフィアホテルで泊まりこむことになる。

上に戻る