fcb.portal.reset.password
ボールを奪い合う代表練習でのデウロフェウとペドロ/

代表練習でのデウロフェウとペドロ/ FOTO: CARMELO RUBIO / SEFUTBOL

ジェラルド・デウロフェウは、スペイン代表での記者会見で、バルサへ復帰できた幸せについて語った。 「すごく素敵で素晴らしい週となった。バルサへの復帰が公式になり、僕を数に数えると言う。ホームに帰ることができてすごく満足している」と明かした。スペインの鍵となる選手は、「代表は僕にチャンスを与えてくれた。できる限り、生かしたいと思う」と付け加えた。エバートンは、とても良い経験になった。選手としても人としても多くのことを学んだ。イギリスのエバートンでの経験について聞かれたデウロフェウは、ポジティブな1年だったと答え、「とてもいい経験になった。選手としても人としても多くのことを学んだ。怪我する不運にあって2ヶ月間離れることになったが、僕の力を出せたと思う。だが、バルサに戻るのは僕の目標だったので、戻れてとても満足している。これからはバルサで一生懸命、がんばる」と話した。ブラジルのことは考えない。この偉大な選手と共に学べるチャンスを与えてもらったこの週を楽しまければならない。ボリビア戦の親善試合に招集されたことについては、選手は非常に感謝していることを示し、同時にまだ、ブラジルワールドカップについて考えることはせけているとコメントした。「ブラジルのことは考えない。この偉大な選手と共に学べるチャンスを与えてもらったこの週を楽しまけなければならない。その後、わかっていくことだろう」といい、その意味で「ナバスが怪我していることが、わずかに(ワールドカップに)近づけているにしても、そのことについては考えない。とても多くのいい選手がいるし、将来に何が起こるかはわからない」と付け加えた。

また、デウロフェウはバルサのチームメートからも励ましを受けたことに感謝し、とりわけ、チャビ、イニエスタ、ブスケッツは「とてもよくしてくれるし、僕が中の一人なんだと感じさせてくれる」と代表での経験を明かした。

上に戻る